コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰痛(症) ようつうしょう Lumbago, Low Back Pain

1件 の用語解説(腰痛(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ようつうしょう【腰痛(症) Lumbago, Low Back Pain】

◎腰痛はほとんどの人が経験する
[どんな病気か]
[原因]
[検査と診断]
◎手術せずに治ることが多い
[治療]

[どんな病気か]
 背骨(せぼね)は、くびの骨(頸椎(けいつい))から尾骨(びこつ)まで、約32~35個の積み重なった脊椎(脊椎骨(せきついこつ))から成り立っています。このうち、腰椎(ようつい)は5個です。頸椎は7個で、くびの長いキリンでも同じ数です。
 この背骨によって、頭や胸、おなかが支えられています。また、背骨は、積み重なった構造をしているので、からだを曲げたり伸ばしたり、ねじったりすることができます。
 人間は四足動物から進化し、二足で直立生活をするようになりました。そのため、背骨を横からみると、くびと腰の部分では前方に凸のカーブをつくり、胸の部分は後方に凸になっています。
 腰は、体重を支えるのにもっとも大きな役割(負担)を受け持ち、からだを曲げ伸ばしするときや、物を持つときにも、いちばん負担の加わるところです。このために、人間は腰部に弱点をもつようになったと考えられます。
 背骨の大きさは、スポーツで鍛えて大きくなった人は例外ですが、肥満体の人でも、大きいということは、まったくありません。
 身長や性別が同じ人では、その大きさは、ほとんど差がありません。
 腰椎(ようつい)(腰骨(こしぼね))のいちばん下の部分には、全体重の60%がかかります。
 腰を前に曲げたときには、その4倍の荷重がかかります。
 ですから、肥満体の人は、非常に大きな負担増となるわけです。
 一般に、腰の骨や周囲の筋肉など、このあたりに痛みがあることを、広い意味で、腰痛(症)といいます。
 せまい意味の腰痛症とは、ほかの病気によっておこっている一部分症としての腰痛や、背骨や神経にはっきりした原因のある腰痛を除いた、あまり原因のはっきりしないものをいいます。
 頻度の非常に高い病気で、整形外科外来患者さんの20~30%が腰痛を訴えて来院されます。
 腰痛の患者さんは、高校生くらいまでは、たいへん少ないのですが、30~40歳代にもっとも多くなり、おとなでは、ほとんどの人が、一生のうちに一度は経験するといわれるほど、よくみられるものです。しかし、その大部分は容易に治るものです。
 おもしろい調査結果があります。腰痛や坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)(脚(あし)にまで痛みが走るもの)がある50歳以上の整形外科医追跡調査したところ、3か月以上痛みが続く人は、約1割しかいなかったそうです。
 つまり、多くの腰痛症は、それほど心配するものではない、ということです。しかし、なかには、たいへんな病気の1つの症状であったり、なんらかの治療をしなければ治らない腰痛もあります。ですから、まずもって専門医である整形外科を受診して、原因を調べてもらってください。
 内臓の病気などが原因となっているものでは、さらに他科の受診も必要となります。

[原因]
 腰痛の原因は、つぎの5つに分類されます。
①背骨やその周囲の筋肉などの病気に由来するもの。
②内臓の病気に由来するもの(婦人科の病気も含む)。
③神経の病気に由来するもの。
④血管の病気に由来するもの。
⑤心因性のもの。
 もっともよくみられる腰痛は、やはり整形外科的な原因によるもので、①に分類されるものです。
 ほんのわずかの体位の変化、たとえば、朝起きて顔を洗おうとしてちょっと前かがみになったとか、重いものを持ち上げようとしたなどで、突然、腰に激痛がおこるものを急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)(ぎっくり腰(ごし))といいます。
 こういう急性期を過ぎても、長く持続する腰痛や、くり返しおこる腰痛を、慢性腰痛症(まんせいようつうしょう)といいます。
 腰の痛みだけでなく、全身状態が悪く、突然に発症した場合には、おなかの中の大きな血管の破裂なども考えなければなりません。
 また、内臓の病気(胆石(たんせき)など)が原因となっている可能性も考えてみる必要があります。
 安静にしていても痛みがある腰痛や、どんな姿勢をとっても四六時中痛みがある場合には、重い病気のことがあるので、必ず病院を受診してください。先にも述べたように、ふつうの腰痛は、そんなに長く続くことはありません。
 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や月経異常など、婦人科の病気によっても腰痛はおこります。女性で、下腹部にも痛みがあるときは、婦人科を受診することも必要です。
 心の病が原因となって、腰痛を訴えることもあります。このような心因性腰痛(しんいんせいようつう)では、いろいろな整形外科的な検査を行なっても、異常をみつけ出せないものです。
 もっとも頻度の高い腰痛は、つぎのような、整形外科的な原因によっておこるものです。全身状態に問題がない場合は、まず整形外科を受診してください。他科の病気と考えられるときは、それを専門とする科(医師)を紹介してくれます。
●脊椎自身の病気によるもの
 椎間板(ついかんばん)ヘルニア、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)(多くは老化による)、脊椎分離(せきついぶんり)症・すべり症、脊椎炎(せきついえん)、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、脊椎腫瘍(せきついしゅよう)など。
●脊髄(せきずい)の病気によるもの
 背骨の中を通っている脊髄に腫瘍(しゅよう)や癒着がおこったもの。
●脊髄から出て、脚に向かう神経の病気
 腫瘍や、なんらかの原因によって神経が圧迫されたもの。
●筋肉や筋膜(きんまく)、腰の周辺の小さな皮膚神経に障害がおこったもの
●いわゆる腰痛症
 X線検査で、腰椎になんの変化もみられず、また、心因性のものでもない、腰部の痛みを訴えるもの。

[検査と診断]
 腰痛が発生した時期や、どのような出来事(姿勢、事故の状態など)が腰痛の引き金となったかを聞き、X線検査、腰の動きの程度、それによる痛み、押さえて痛い場所、脚へと走る痛みなどを調べて原因を追究します。
 椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍などが疑われるときには、MRIやCTを使って検査を行ないます。また、全身的な病気や細菌感染(化膿性(かのうせい)の病気)が疑われるときには、血液や尿の検査も行なわれます。
 以上の検査結果などを総合して診断します。
 ふつうの腰痛は、まず3か月以上も続くことはありません。したがって、長く腰痛が続く場合は、他科の病気によることもありますので、内科などを受診するとともに、いろいろな精密検査が必要になります。
 さらに、医師といっても万能であるはずはありません。症状が長引く場合は、他の医師の意見も聞くべきです。

[治療]
 腰痛は、格別な治療を行なわなくても自然に治るものもありますが、治療としては、つぎのような保存的療法が適当です。手術を要するのは、椎間板ヘルニアや腫瘍など、特別な場合だけです。
●急性期
 背骨やその周辺の筋肉などの負担を軽くするために、横になって休むなど、安静をとることがもっともたいせつです。
 寝るときも、本人がもっとも楽な姿勢、痛みのない姿勢をとるのがよいのですが、多くは、エビのように腰を曲げた状態がよいと思います。
 症状が強い場合は、消炎鎮痛薬や筋肉の緊張を取り除く薬を服用しますが、これは医師の指示にしたがうべきものです。
 また、ぜんそくの持病のある人は、ふつうの鎮痛薬は、ぜんそくを誘発することがあるので、自分で市販薬を買って服用することは危険です。
 受診するときも、必ずぜんそくがあることを、医師に告げてください。
 また、他の病気で薬を服用している人も、必ず医師にそのことを伝えてください。併用によって、副作用が現われることもあるからです。
 いわゆるぎっくり腰など、強い痛みがあるときは、硬膜外(こうまくがい)ブロックなどの注射が、非常に有効です。
●慢性期
 急性期を過ぎて激痛はなくなったが、痛みが続く人や、初めから強い痛みはないが、くり返し痛みがある人には、つぎのような治療がよいと思われます。いずれにしても、専門医である整形外科医に診察してもらって、適当な治療を行なってください。
 牽引療法(けんいんりょうほう) 腰痛の治療にもっとも多く行なわれている療法で、骨盤牽引(こつばんけんいん)といわれています。
 これによって腰部を安静にできることや、筋肉の緊張をゆるめることなどで、痛みがやわらぐと考えられます。
 物理療法 腰部を温めたり冷やしたりする方法で、腰部の血行をよくし、痛みや筋肉の緊張の緩和をもたらします。ホットパック、温めたパラフィン、赤外線、超短波や超音波、氷水などを使用して行なう療法です。
 装具療法 コルセットや腰椎装具を使って、腰椎の運動を制限または固定させる療法です。いろいろな型の装具がありますが、もっとも重要なことは、自分にきっちりと合ったものを装着することであり、したがって既製品ではなく、整形外科病院で、医師の指示のもとに、その人に適したものをつくるべきです。
 ブロック療法 麻酔薬や炎症を鎮める薬を注射して、腰髄(ようずい)の神経を遮断(ブロック)する方法です。即時に痛みを取り除くことができます。
 薬物療法 症状に応じて、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬(きんしかんやく)を使いますが、薬物アレルギーのある人や、ぜんそくのある人は、必ずそのことを医師に伝えてください。
 運動療法 よい姿勢を保つには、脊椎を伸ばす筋肉と曲げる筋肉とが、バランスよくはたらくことが必要です。
 また、立ったり座ったりするときに脚(下肢(かし))の筋力も必要です。
 したがって、腰や全身の筋肉をバランスよく強化し、また、拘縮(こうしゅく)(ちぢこまり)をとることが重要になります。
 そのために、腰痛体操(図「腰痛体操(1)」図「腰痛体操(2)」図「腰痛体操(3)」図「腰痛体操(4)」)やストレッチ訓練を行ないます。
 生活指導 日ごろから運動をして、全身を鍛えることがたいせつです。そのためには、すぐに自動車やエレベーターなどを使うことなく、歩いたり階段をのぼるように心がけましょう。
 心臓などに問題のない人がエレベーターを使用するのは、自分のからだを弱めていることになります。
 日ごろから、よい姿勢を保つように心がけることがたいせつです。
 一定の姿勢を長時間続けることはよくありません。ときおり、姿勢を変えるべきです。
 立って仕事を続ける人は、片側の足を10cmくらいの高さの台にのせ、股(また)や膝(ひざ)の関節を軽く曲げ、ときどき足を交代するようにします。
 また、座る仕事などでは、背もたれに背を平らにつけるように腰かけ、足が床について、膝が少しいすから浮くくらいがよいと思われます。こうした姿勢になるように、いすや机の高さを調整するとよいでしょう。
 肥満も腰痛の敵ですので、注意しましょう。水泳はよい運動ですが、腰痛のある人は、クロールか背泳ぎ、横泳ぎに限るべきです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腰痛(症)の関連キーワード経験則験する唇裂どんどどんどん節どんどん橋準同時角礫岩アンキコテクテイック岩美駅空襲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone