コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変形性腰椎症 へんけいせいようついしょうlumbago deformans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形性腰椎症
へんけいせいようついしょう
lumbago deformans

椎 (つい) 間板は変性しやすい組織で,30歳代で初期変性の発生がみられ,50歳代ともなればだれにも,程度の差はあれ,変性が認められるという。人間が直立するためには大きな機能が要請されること,椎間板高分子の組織で再生能力が小さいことなどがその理由と考えられる。誘因なく徐々に発症することが多いが,時には腰痛坐骨神経痛が急激に生じることもある。この腰痛は,起床時,動作開始時に強く,少し動いているうちに楽になり,同一姿勢や中腰を長くとったり,午後や夕方になって疲労がたまってくると,痛みが増すことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

変形性腰椎症の関連キーワード脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患変形性腰椎症(腰部変形性脊椎症)頸椎後縦靱帯骨化症腰部脊柱管狭窄症牽引療法筋肉痛神経痛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android