(読み)コシ

デジタル大辞泉の解説

こし【腰】

[名]
人体で、骨盤のある部分。脊椎が骨盤とつながっている部分で、上半身を屈曲・回転できるところ。腰部(ようぶ)。「が曲がる」「をおろす」
裳(も)袴(はかま)などの1にあたる部分。また、そのあたりに結ぶひも。
物の1に相当する部分。中ほどより少し下部。
㋐壁や建具の下部。「の高い障子」
㋑器具の下部。また、器具を支える台や脚。
㋒山の中腹より下の方。「山のを巡る道」
㋓兜(かぶと)の下部につける帯状の金具。
和歌の第3句。「の折れた歌」
餅(もち)・粉などの粘り・弾力。
紙・布などのしなやかで破れにくい性質。
(他の語の下に付き、「…ごし」と濁って)何かをする際の姿勢・構え。「けんか」「及び
[接尾]助数詞。
刀・袴など腰につけるものを数えるのに用いる。「刀ひと」「袴ひと
矢を盛った箙(えびら)を数えるのに用いる。「矢ひと
[下接語]足腰襟腰尻(しっ)腰尻(しり)腰(ごし)居合い腰浮き腰受け腰後ろ腰裏腰海老(えび)腰大腰及び腰ぎっくり腰喧嘩(けんか)腰小腰高腰中腰強腰釣り込み腰逃げ腰二枚腰粘り腰袴(はかま)腰跳ね腰払い腰・二重(ふたえ)腰・屁(へ)っ放(ぴ)り腰細腰本腰前腰丸腰物腰柳腰・弓腰・弱腰

よう【腰】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヨウ(エウ)(呉)(漢) [訓]こし
〈ヨウ〉
こし。「腰骨腰椎(ようつい)腰痛腰部細腰楚腰(そよう)蜂腰(ほうよう)柳腰
中ほどから下の部分。「山腰
〈こし(ごし)〉「中腰(ちゅうごし)本腰丸腰物腰柳腰弱腰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こし【腰】

一般に背骨の下部,上半身を曲げたりひねったりすることのできる部位を指す語。解剖学的には腰部の範囲は狭小だが,日常語としての〈こし〉が指す部分はあいまいで広い。〈こしぼね〉には寛骨仙椎も含まれ,〈こしをかける〉とは実は尻をかけることである。柔道で相手を臀部に乗せて回し投げる技を腰車という。武士腰刀を側腹部に差していた。くびれた腰の線とは側腹部を後ろから見た輪郭のことである。このようなあいまいさは他の言語にもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こし【腰】

[0] ( 名 )
人体で、脊柱せきちゆうの下部から骨盤のあたり。体の後ろ側で胴のくびれているあたりから、一番張っているあたりまでを漠然とさす。上体を曲げたり回したりするときの軸になり、体を動かしたり姿勢を保ったりするときに重要なところ。人間以外の動物にもこれをあてて言うことがある。 「 -を下ろす」
袴・裳などのにあたる部分。また、そのあたりに結ぶ紐。
物事のとみなされる部分。
壁・建具などの下半部。特に、構造や仕上げが上部と異なっている部分。
山の中程より麓ふもとに近い部分。
和歌で、第三句の五文字。
物事の中途で、肝心なところ。 「 -を折る」
容易に折れたりしないで、元の状態を保とうとする力。練り上げた物のねばり、板・棒などの弾力、糸・布・紙などの張りなどをいう。靭じん性。 「 -のあるうどん」 「 -の強い筆」
(他の語の下に付いて)物事をしようとする時の姿勢・態度。「…ごし」と濁る。 「にげ-」 「けんか-」
( 接尾 )
助数詞。
腰に差したり着けたりするものを数えるのに用いる。 「袴一ひと-」
えびらに盛った一盛りを単位として矢を数えるのに用いる。本数は一定しない。 「五十-の矢/平治
蟇目ひきめの矢四筋をいう。

よう【腰】

( 接尾 )
はかま・帯・太刀など、腰に着けたり差したりするものを数えるのに用いる。 〔「こし」とよむのが普通〕 → こし(腰)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こし

腰あるいは腰部についての明確な定義はないが、腰椎(ようつい)の高位と考えればよい。腰椎は胸椎の下位に5個あり、その下位には仙骨があって、仙骨は骨盤の一部となっているので、腰椎は脊柱(せきちゅう)の土台といえよう。
 腰椎は生理的に軽度の前彎(ぜんわん)を示しているが、強力な靭帯(じんたい)、筋肉によって支持されており、腰筋膜も強靭である。腰椎の運動は屈伸運動がもっともできやすく、左右屈運動もできるが捻転(ねんてん)運動は少ない。ヒトは起立位をとるため腰部にかかる負担はきわめて大きく、とくに腰椎下部に力学的負担が集中的に加わる。そのため、腰椎椎間板ヘルニアは第4―第5腰椎椎間にもっとも多く、脊椎分離症は第4腰椎と第5腰椎に多く発生し、退行性変化である変形性脊椎症も腰椎下部に好発する。これらの疾患は腰痛の原因になるが、そのほかに腰筋痛などもおこりやすい。
 このような腰痛の発生は、起立しているヒトの宿命であるともいえる。日常、座位および起立位での姿勢をよくすること、腰部体操などを行って腰部筋力の強化に努めることが必要である。[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こし【腰】

[1] 〘名〙
① 人体で、背骨の下部、脊椎(せきつい)と骨盤の連絡する部分。からだを回したり、曲げたりできる部分。他の動物についても、これに準じて用いる場合がある。腰部(ようぶ)
※古事記(712)中・歌謡「海が行けば 許斯(コシ)(なづ)む 大河原の 植草 海がは いさよふ」
※宇治拾遺(1221頃)三「引目して射ければ、狐の腰に射あててけり」
② 袴や裳などの腰にあたる部分。また、そのあたりで結ぶ紐。
※古事記(712)中「即ち御腹を鎮めたまはむと為(し)て、石を取りて御裳の腰に纏(ま)かして」
③ 壁、障子、乗物、書物などの、中程より少し下部をいう。また、器物等の中程の部分、または台脚の部分。
※松屋会記‐久政茶会記・天文一三年(1544)二月二七日「香炉せかい内角あつく、腰の上下に指のあと程のすじ二づつあり」
④ 山の麓に近い所。すそ。
※平家(13C前)五「甲斐、信濃の源氏ども案内は知って候、富士のこしより搦手(からめで)にや廻り候ふらん」
⑤ 兜(かぶと)の鉢の周縁部に巻いた帯金物。しころつけ。玉垣。たてはぎの板。
⑥ 和歌の第三句の五文字をいう。また、漢詩で、第五、第六句の対、または五言の第三字、七言の第五字をいう。
※類従本元永元年十月二日内大臣忠通歌合(1118)「腰の文字づかひ、幼き也」
⑦ 「こしおし(腰押)」の略。
※浄瑠璃・関取千両幟(1767)二「ムム、聞えた、こりゃ九平太が腰ぢゃな」
⑧ 屈伸したり、物をもちこたえる力。また、押し通す意気。気勢。勢い。「および腰」
※俳諧・類船集(1676)己「腰(コシ)〈略〉筆」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「言葉の腰がふらふらしてゐる」
⑨ (⑧から転じて) 餠や練った粉などの粘り気や、そば、うどんの弾力。
⑩ 布、紙など、形がくずれにくいような弾力性、強靱さ。
※笹まくら(1966)〈丸谷才一〉二「画用紙で結構なんですが、やはり多少とも腰があるほうがいいみたいですね」
[2] 〘接尾〙
① 袴、刀など腰につけるものの数を数えるのに用いる。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「裳壱腰〈鳩染色〉」
※平治(1220頃か)上「いか物作りの太刀一腰」
② 矢を盛った箙(えびら)を数えるのに用いる。
※今昔(1120頃か)二八「船に胡録三許取り入て」
③ 蟇目(ひきめ)の矢四筋をいう語。
[補注](二)は「こし」と「よう」の両用の読み方があるが、「よう」項には確例だけを入れた。

よう エウ【腰】

〘接尾〙 袴(はかま)・帯・太刀など、腰のあたりにつけるものを数えるのに用いる。「こし」とよむのが普通。
※運歩色葉(1548)「一腰 いちヨウ 太刀」 〔北史‐柳裘伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腰の関連情報