コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹当 はらあて

2件 の用語解説(腹当の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はらあて【腹当】

胸腹部に当てるだけの最も簡単な中世の甲(よろい)。もっぱら下卒用で,装束の下などにも着用した。鎌倉時代からその存在が明らかになっており,《源平盛衰記》の衣笠合戦の条に〈弓よく射る者共は,冑(かぶと)を着させ,腹巻,腹当,筒丸などを着て〉などと見え,その形状は来迎寺の十界図の中に見えている。遺品はきわめて少なく,松浦家に足利義教からの拝領として伝えられる赤糸威(おどし)の腹当が著名である。胸板に2段の立挙(たてあげ),さらに両脇にわずかにかけた長側(なががわ)の胴と,小形の草摺(くさずり)からなり,長側の両端から長い皮の緒を出して肩上(綿嚙)(わたがみ)とし,胸板の高紐(たかひも)とかけ合わせた簡易なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹当
はらあて

日本中世甲冑(かっちゅう)の一形式。胸腹部と両脇(わき)のみを防護するもっとも軽快簡略な甲冑である。すでに鎌倉末期の成立とされる『法然上人(ほうねんしょうにん)絵伝』や滋賀県来迎(らいごう)寺所蔵『十界図』に描かれ、『太平記』『明徳記(めいとくき)』に記述され、また『東大寺法花堂要録』『細川大心院記』などに記載されていることにより、鎌倉時代の末ごろに始まり室町時代にかけて用いられたことが推測される。おもに下卒が着用したが、上級者も軽武装のときは衣服下に着籠(きご)めたものと思われる。腹当の構成は、著名な平戸松浦(ひらどまつら)家伝来の紅糸威(くれないいとおどし)腹当によると、伊予札縫延革包(いよざねぬいのべかわづつ)み素懸威(すがけおどし)で、立挙(たてあげ)一段、長側(ながかわ)三段、草摺(くさずり)は三間で、中央のみ二段、左右各一段ときわめて軽快である。本品は松平定信編纂(へんさん)の『集古十種』に記載されてより、腹当の規範となり、復古調の甲冑が流行した江戸後期に模造されることが多かった。ただし、中世には本小札製の腹当も当然用いられたことであろう。[山岸素夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の腹当の言及

【甲冑】より

…こうした大鎧の優品として伝存するものに,東京都御岳神社の畠山重忠寄進と伝える赤糸威鎧,広島県厳島神社の伝源頼朝奉納小桜威鎧,愛媛県大山祇神社の伝河野通信奉納紺糸威鎧などがある。
[胴丸,腹巻,腹当]
 平安時代に形成された鎧は騎乗用に整えられ,大型化しまた華麗な装飾が施されて武将の武威を表したが,徒歩の従卒用には軽快な胴丸が作り出された。脇楯を用いず胴を右脇で引き合わせ,草摺は歩行しやすいように八間と細かく分け,肩に杏葉を当てて防御した。…

【腹掛け】より

…保温のため,胸から腹にかけて衣服の下につける補助衣。腹当てともいう。子どもの〈寝びえ知らず〉や金太郎の腹掛けのような4本ひものついた四手(よつで)式のもの,または職人がはんてんの下に着るような,背が同じ布でたすきになったものもある。…

【腹巻】より

…鎌倉時代からはこれよりもいっそう簡略に,胸から腹部にかけて正面だけを覆った様式と,これをさらに背後に延ばし背面中央で引き合わせた様式を使用するようになった。ともに大鎧に対してなお腹巻の名を用いていたが,厳密に区別するときは,前者を腹当(はらあて)という。後者は鎌倉時代の末ころから高級の武士の間に盛んに愛用されるにいたって腹巻の名を独占し,従来のそれは胴丸とよばれるようになった。…

※「腹当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone