コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹膜偽性粘液腫(腹膜仮性粘液腫) ふくまくぎせいねんえきしゅふくまくかせいねんえきしゅPseudomyxoma Peritonei

1件 の用語解説(腹膜偽性粘液腫(腹膜仮性粘液腫)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふくまくぎせいねんえきしゅふくまくかせいねんえきしゅ【腹膜偽性粘液腫(腹膜仮性粘液腫) Pseudomyxoma Peritonei】

[どんな病気か]
 粘液やにかわのようなべとべとした物質(ムチン)をつくる腫瘍(しゅよう)(嚢腫(のうしゅ))が腹膜に発生します。
 ここでつくられたムチンが徐々に腹腔(ふくくう)内にたまり、やがて充満します。
[症状]
 嚢腫が発生しても、それとわかる自覚症状はないのがふつうです。
 嚢腫が大きくなるのに時間がかかり、かなりたってから、腹部の張り、全身のだるさ、食欲不振などを感じることがあります。
 やがて腹部がふくれてきて、腹水(ふくすい)がたまったようになって医療機関を受診し、発見されるケースが多くなっています。
[原因]
 卵巣(らんそう)の偽粘膜嚢腫(ぎねんまくのうしゅ)や虫垂粘液瘤(ちゅうすいねんえきりゅう)をきっかけとして発生することが多いのですが、何のきっかけもなしに発生するものもあります。
 良性(粘液性嚢胞腺腫(ねんえきせいのうほうせんしゅ))のことも、悪性(粘液性嚢胞腺がん)のこともありますが、もっとも多くみられるのは、良性と悪性の中間の性質をもつ境界病変です。
[治療]
 良性の腫(は)れ物で、生命にかかわるようなことはないのですが、根本的に治すのはむずかしいものです。
 根本的な治療は、開腹して、嚢腫のできている部分を手術で摘出(てきしゅつ)することですが、切除がむずかしい場合が少なくありません。
 嚢腫を切除後、腹膜に付着しているムチンを洗浄・排出することが必要ですが、完全には取ることができないのがふつうです。
 これは、発見が遅れることが大きな原因と考えられています。
 たとえ、嚢腫の切除ができても、再発することがあります。
 この場合は、開腹して再手術をするか、くり返し穿刺(せんし)を行なってムチンを排出することになります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone