コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膵蛭 スイテツ

大辞林 第三版の解説

すいてつ【膵蛭】

扁形動物吸虫綱の寄生虫。牛・豚・羊などの膵管すいかん・胆管に寄生し、まれに人体にも入る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膵蛭
すいてつ
[学]Eurytrema pancreaticum

扁形(へんけい)動物門吸虫綱二生亜綱二腔吸虫(にせいあこうにこうきゅうちゅう)科に属する寄生虫。膵吸虫ともいう。日本(東北地方以南)を含む東アジアや南アメリカのウシ、ヒツジ、ヤギ、スイギュウ、ブタなどの膵管に寄生する。成虫は薄い木の葉状、生時は赤色で、体長1~2センチメートル、体幅5~9ミリメートル。
 卵は宿主の糞便(ふんべん)とともに排出され、第一中間宿主のオナジマイマイやウスカワマイマイに食べられ、その消化管内で孵化(ふか)してミラシジウムとよばれる幼虫となり、スポロシストを経て多数のセルカリアを生じ、貝の呼吸孔から外界に出る。セルカリアは第二中間宿主のササキリ(直翅(ちょくし)目の昆虫)に食べられ、その体腔(たいこう)内で袋に包まれてメタセルカリアになる。感染ササキリは草といっしょにウシなどの固有宿主に食べられる。固有宿主の腸内で袋から出た幼虫は膵管に入って成虫になる。メタセルカリアが固有宿主に感染して成虫になるまで約100日を要する。少数寄生では無症状のことが多いが、多数寄生すれば膵管の肥厚や栄養障害をおこす。日本には本種よりもやや小さい小形膵蛭E. coelomaticumも分布(関西地方以南、八丈(はちじょう)、隠岐(おき)、佐渡(さど)などの島嶼(とうしょ))する。[町田昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

膵蛭 (スイテツ)

動物。扁虫動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

膵蛭の関連キーワードウスカワマイマイ薄皮蝸牛吸虫綱動物吸虫胆管

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android