コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍の緒(読み)ヘソノオ

デジタル大辞泉の解説

へそ‐の‐お〔‐を〕【×臍の緒】

胎児のへそ母体胎盤をつなぐ、ひも状の器官胎児はこれを通して母体から栄養をとる。臍帯(せいたい・さいたい)。ほぞのお。

ほぞ‐の‐お〔‐を〕【×臍の緒】

《古くは「ほそのお」》
へその緒。臍帯(さいたい)。
生まれた子のへその緒を竹刀で切る儀式。また、その役目の人。
「御―は殿の上、御乳つけは橘の三位」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へそのお【臍の緒】

母胎内にある胎児と母体とを連絡する管状の器官。臍帯さいたい

ほぞのお【臍の緒】

へその緒。臍帯さいたい
生まれた子供のへその緒を竹刀で切る儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臍の緒の関連情報