コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車関係税 じどうしゃかんけいぜい

1件 の用語解説(自動車関係税の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃかんけいぜい【自動車関係税】

日本における自動車の普及はきわめて目覚ましく,それに対応して道路をはじめ自動車関係の公共財・サービスに対する要求も急速に拡大した。こうした状況をうけて自動車に関連する各種の税すなわち自動車関係税が創設されていった。自動車関係税は,(1)直接的に自動車の取得や保有に対して課される税と,(2)自動車の利用にあたって不可欠な燃料に課される税とに大きく区分できる。(1)としては,国税の自動車重量税都道府県税自動車税自動車取得税市町村税軽自動車税がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動車関係税の関連情報