コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車関係税 じどうしゃかんけいぜい

1件 の用語解説(自動車関係税の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃかんけいぜい【自動車関係税】

日本における自動車の普及はきわめて目覚ましく,それに対応して道路をはじめ自動車関係の公共財・サービスに対する要求も急速に拡大した。こうした状況をうけて自動車に関連する各種の税すなわち自動車関係税が創設されていった。自動車関係税は,(1)直接的に自動車の取得や保有に対して課される税と,(2)自動車の利用にあたって不可欠な燃料に課される税とに大きく区分できる。(1)としては,国税の自動車重量税都道府県税自動車税自動車取得税市町村税軽自動車税がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自動車関係税の関連キーワード極めて生目覚まし保管場所法目覚まし目覚ましい目覚まし草目覚まし時計目覚ます呼覚ます被保険自動車の入替における自動担保特約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自動車関係税の関連情報