コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興業意見 こうぎょういけん

大辞林 第三版の解説

こうぎょういけん【興業意見】

殖産興業の方策を説いた意見・資料集。1884年(明治17)前田正名編。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

興業意見【こうぎょういけん】

1884年農商務省大書記官前田正名(まさな)編纂(へんさん)の農工商業の実情調査報告と停滞の原因,将来の振興策を述べた意見書府県に地方勧業要務に関する実情データを収集させ本省の資料と合わせて編纂,外国の制度文物の輸入よりも在来産業の保護・整備が富国策と主張,松方財政に批判的であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょういけん【興業意見】

1884年農商務省大書記官前田正名らによって編集された殖産興業に関する論策で,当時の産業計画の根幹となった歴史的文献。本書は農談会,勧業諮問会の開催や農区視察員の派遣などを通じて準備が進められたもので,秩禄金禄公債の所有の移動,士族商法および帰農開墾の失敗事業,土地売買解禁後の農地移動状況,明治前期の物価変動状況,地租改正後の農家の経済状態など,当時を知るうえでの貴重な資料が含まれている。国立国会図書館憲政資料室収蔵の未定稿によれば,当初の計画は,総目録を含め26冊の予定であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興業意見
こうぎょういけん

1881年(明治14)、当時の農商務省大書記官前田正名(まさな)が中心になって編纂(へんさん)、3年後に完成した文書。殖産興業政策の展開過程での産業の実態を調査、検討し、あわせて意見を添えたもので、和綴(わとじ)30巻。綱領、緒言以下、現況、原因、参考、精神、国力、地方、方針などの内容からなる。松方財政下の不況のなかで、各地の農工商業の実情を自ら調べた前田らは、本書において、資本の供給、法規の整備、政府の保護などの必要性を主張している。ただ、前田らが編纂した成稿と、太政官(だじょうかん)へ提出された原本の間には、かなりの内容変更がある。同書は経済史研究の基本文献として後年復刻、刊行された。[石塚裕道]
『『興業意見』上中下(大内兵衛・土屋喬雄編『明治前期財政経済史料集成 第18・19・20巻』所収・1964・明治文献)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

興業意見の関連キーワード前田正名(1850~1921)遠藤 芳樹前田 正名大内兵衛遠藤芳樹方策

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android