船体運動(読み)せんたいうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

せんたいうんどう【船体運動】

船体の運動を考えるとき,一般に船体の重心位置G原点をとり,Gより前方x軸,右玄横方向にy軸,鉛直下方にz軸を定める。このとき,x,y,z軸方向の並進運動および回転運動には,それぞれ図1に示す固有の名称が与えられている。ふつう,船体は縦中央面(図のxz平面)に関して対称であるので,例えば,船体が平水面上でz方向に動揺しても,y軸方向に作用する流体力やx軸およびz軸まわりの偶力船体に働くことはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android