コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船小屋温泉 ふなごやおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船小屋温泉
ふなごやおんせん

福岡県南部,筑後市の南端,矢部川と松永川の合流点にある温泉。泉質は単純炭酸泉。泉温 25℃未満の冷泉。水郷景観と付近のハゼの紅葉,サクラ並木などが美しい閑静な温泉である。付近は天然記念物のゲンジボタル発生地で,対岸の大クスノキ林とともに矢部川県立自然公園の一中心。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船小屋温泉
ふなごやおんせん

福岡県筑後(ちくご)市の南端、矢部(やべ)川右岸にある温泉。泉質は含鉄泉で、文政(ぶんせい)年間(1818~1830)の開発、明治以降左岸に新船小屋温泉(みやま市瀬高(せたか)町地区)が開発され、四季を通じ湯治客を集めている。付近の「船小屋ゲンジボタル発生地」は国の天然記念物に指定されている。JR九州新幹線と鹿児島本線の筑後船小屋駅よりバスの便がある。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

船小屋温泉の関連キーワード船小屋[温泉]福岡県筑後市筑後(市)瀬高

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船小屋温泉の関連情報