コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船通山 せんつうざん

2件 の用語解説(船通山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船通山
せんつうざん

鳥取県南西端,日南町と島根県奥出雲町との県境にある山。標高 1142m。スサノオノミコトの降臨はこのあたりと伝えられ,八岐大蛇 (やまたのおろち) を退治して草薙剣 (くさなぎのつるぎ) を得た地とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船通山
せんつうざん

鳥取県日野(ひの)郡日南(にちなん)町と島根県仁多(にた)郡奥出雲(おくいずも)町の県境にある山。標高1142メートル。『古事記』伝承地で、須佐之男命(すさのおのみこと)が天降(あまくだ)った「肥(ひ)の河上(かわかみ)なる鳥髪(とりかみ)の地(ところ)」とされ、高志(こし)の八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ))を得た所という。「肥の河」は鳥取県の日野川(ひのがわ)か、島根県の斐伊川(ひいかわ)かの論争のすえ、両県神職会の合議で、山頂に天叢雲剣出現之地の碑が立てられている。一帯は古来良質の鋼(はがね)用真砂砂鉄の産地で、たたら製鉄の中心地。九合目の神木のイチイは国の天然記念物で、樹高5.4メートル、根囲8.3メートル、枝張(えだはり)191平方メートルで世界最大の雌株という。比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園内に属し、JR伯備線生山(しょうやま)駅から多里(たり)までバスがあり、頂上まで6キロメートル。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船通山の関連情報