コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船通山 せんつうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船通山
せんつうざん

鳥取県南西端,日南町と島根県奥出雲町との県境にある山。標高 1142m。スサノオノミコトの降臨はこのあたりと伝えられ,八岐大蛇 (やまたのおろち) を退治して草薙剣 (くさなぎのつるぎ) を得た地とされる。付近で砂鉄を産し,古くからたたら製鉄の中心地名剣の伝説もこれに関係深い。山頂付近にある根まわり約 8mの神木イチイの雌株は樹齢推定 2000年で,国指定天然記念物。比婆道後帝釈国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船通山
せんつうざん

鳥取県日野(ひの)郡日南(にちなん)町と島根県仁多(にた)郡奥出雲(おくいずも)町の県境にある山。標高1142メートル。『古事記』伝承地で、須佐之男命(すさのおのみこと)が天降(あまくだ)った「肥(ひ)の河上(かわかみ)なる鳥髪(とりかみ)の地(ところ)」とされ、高志(こし)の八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ))を得た所という。「肥の河」は鳥取県の日野川(ひのがわ)か、島根県の斐伊川(ひいかわ)かの論争のすえ、両県神職会の合議で、山頂に天叢雲剣出現之地の碑が立てられている。一帯は古来良質の鋼(はがね)用真砂砂鉄の産地で、たたら製鉄の中心地。九合目の神木のイチイは国の天然記念物で、樹高5.4メートル、根囲8.3メートル、枝張(えだはり)191平方メートルで世界最大の雌株という。比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園内に属し、JR伯備線生山(しょうやま)駅から多里(たり)までバスがあり、頂上まで6キロメートル。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

船通山の関連キーワード日南(町)島根(県)たたら製鉄斐伊川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android