コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艫作崎 へなしざき

5件 の用語解説(艫作崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

艫作崎
へなしざき

黄金崎 (こがねざき) ともいう。青森県西部,深浦町の日本海に突出した岬。海岸段丘をなし,奇岩,怪石の雄大な風景が展開する。岬の突端には西海岸最大の艫作崎灯台があり,近くの椿山 (60m) のヤブツバキ自生地とともに一帯は津軽国定公園に含まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へなし‐ざき【艫作崎】

青森県西部、日本海に突出した岬。付近にある椿山は、日本海側での野生のツバキの北限地。椿崎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へなしざき【艫作崎】

青森県西端,日本海に突き出した岬。西津軽郡深浦町に属する。付近は海岸段丘が発達し,段丘の下は急崖をなし,奇岩怪石が乱立して雄大な景観を展開している。すぐ北の黄金(こがね)崎には青森県西海岸最大の艫作埼灯台があり,灯台から2km南には椿山(60m)がある。椿山には自生のヤブツバキが群生し,野生ヤブツバキの日本海側の北限となっている。段丘上には艫作の集落があり,夏の観光シーズンには民宿が開かれる。【横山 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕艫作崎(へなしざき)


青森県南西部、日本海に張り出した台地状の半島先端部一帯をいう。その北端の小岬には黄金(こがね)崎の名がある。艫作埼(さき)灯台がある。津軽(つがる)国定公園に属し、ヤブツバキが自生する椿(つばき)山、約4kmにわたって続く高さ50mの海食崖(かいしょくがい)、日本海に沈む夕日などが見もの。近くに黄金崎不老不死(ふろうふし)温泉がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

艫作崎
へなしざき

青森県南西部、西津軽郡深浦(ふかうら)町で日本海に突出する岬。海岸は海食崖(がい)をなし、奇岩・怪石が雄大な風景を展開する。北部の黄金(こがね)崎には1941年(昭和16)に建設された青森県西海岸最大の艫作崎灯台がある。南方の椿(つばき)山にはツバキが群生し、日本海側野生ツバキの北限となっている。付近は津軽国定公園に指定される。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

艫作崎の関連キーワード鰺ヶ沢青森県西津軽郡深浦町沢辺青森県西津軽郡深浦町関青森県西津軽郡深浦町月屋青森県西津軽郡鰺ヶ沢町釣町青森県西津軽郡青森県西津軽郡深浦町久田青森県西津軽郡深浦町舮作青森県西津軽郡鰺ヶ沢町本町青森県西津軽郡深浦町森山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone