コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良暹(2) りょうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良暹(2) りょうぜん

?-? 平安後期-鎌倉時代の僧。
箱根権現の別当行実(ぎょうじつ)の弟で,伊豆山走湯(はしりゆ)権現の住僧石橋山の戦いで敗れた源頼朝を兄たちがかくまっていることを知り,頼朝に殺された盟友山木兼隆の仇を討とうとしたが失敗。のち頼朝にしたがい,頼家の誕生や奥州攻めのおりに祈祷(きとう)をおこなう。建久3年(1192)には熊谷直実出家を注進した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良暹(2)の関連キーワード箱根権現鎌倉時代

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android