コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良知良能 りょうちりょうのう Liang-zhi liang-neng

3件 の用語解説(良知良能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良知良能
りょうちりょうのう
Liang-zhi liang-neng

中国哲学用語。人が生れながらにしてもっている道徳的能力のこと。『孟子』「尽心上編」にみえ,そこでは性善説の立場から,人間には善を判断し (良知) ,実行できる (良能) 生得の能力があるとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうちりょうのう【良知良能】

〔孟子 尽心上
経験・教育などをしなくても、生まれながらに備わっている知恵や能力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良知良能
りょうちりょうのう

人間に生まれながらに備わっている道徳的判断能力(良知)と行為能力(良能)。中国、戦国時代の儒者である孟子(もうし)が唱えた。孟子はその実例として、『孟子』の「尽心(じんしん)」上篇で、2、3歳の幼児でも教えもしないのに自分の親を愛し、成長すると兄長を敬うようになることをあげる。そしてこのような親に対する愛(仁)、目上に対する敬(義)の念を自然にもてることが良知であり、またそれを行為に現せることが良能であるとした。孟子は性善説を主張したが、この良知良能はその説の一つの現れである。[土田健次郎]
『小林勝人訳注『孟子』上下(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

良知良能の関連キーワード居乍ら恐れ乍ら歌人は居ながらにして名所を知る我乍ら居乍らにして生れ付き生れ付く生れ乍ら《中国哲学史大綱》《哲学用語辞典》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone