花の御所(読み)はなのごしょ

百科事典マイペディアの解説

花の御所【はなのごしょ】

1378年足利義満が京都北小路室町東に造営した将軍家の邸宅。〈室町殿〉と呼ばれ,これが幕府将軍の通称となった。もと崇光(すこう)上皇の仙洞御所で,賀茂川の水を引いて池を作り,四季の花木を植え,花亭・花の御所と称した。上杉家本《洛中洛外図》には〈公方様〉と記され,応仁・文明の乱焼失前の様子を描く。
→関連項目室町通

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はなのごしょ【花の御所】

〔多くの花が植えられていたところから〕
足利将軍の邸宅、室町殿のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はな【花】 の 御所(ごしょ)

足利将軍家の邸宅。永和四年(一三七八)三代義満が現在の京都市上京区室町通今出川北の地に造営。種々の花を植えたところから呼ばれたとも、もとこの地にあった崇光(すこう)上皇御所または室町季顕邸の通称に由来するともいう。八代義政の時、火災により焼失。室町殿。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花の御所の関連情報