コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花御所 はなのごしょ

世界大百科事典 第2版の解説

はなのごしょ【花御所】

1378年(天授4∥永和4)足利義満によって京都に造営された将軍邸。その敷地は,北は柳原通,南は北小路(現在の今出川通),東は烏丸通,西は室町通によって囲まれた南北2町,東西1町であった。西側の室町通を正面にしていたため,〈室町殿〉とも呼ばれ,ここに住んだ将軍をも室町殿と称するようになり,その時代が室町時代と呼ばれるもととなった。この土地は,もと室町(四辻)季顕の邸宅であったものを将軍足利義詮が買得し,崇光上皇に寄進し仙洞御所となっていたが,1377年2月に火災にあったのを機会に足利義満がもらいうけ,同じ火災にあった菊亭公直の屋敷地と併せて邸地としたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の花御所の言及

【足利義満】より

… 義満はまた永和のころ京都の北小路室町の地に壮麗な新邸を造営して,ここに移り,1381年後円融天皇の行幸を仰いで新邸の善美を内外に誇示した。新邸は四季の花木や諸家から召し上げた名木で飾られて花御所とよばれ,義満は室町殿とよばれた。政権の呼称としての室町幕府の名はここに由来する。…

※「花御所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

花御所の関連キーワード岩井半四郎(5代)松本幸四郎(5代)鳥取県八頭郡八頭町郡家(鳥取県)加賀屋 鶴助中村 珊瑚郎嵐 みんし遠藤 元一カキ(柿)八頭(町)鶴屋南北室町幕府隅田川物花御所柿遠藤元一清玄桜姫書院造鳥取県女清玄梅若丸

花御所の関連情報