コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苅萱堂 カルカヤドウ

2件 の用語解説(苅萱堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かるかや‐どう〔‐ダウ〕【苅萱堂】

長野市北石堂町、西光寺にある堂。苅萱道心と、その子石童丸が、父子2代にわたって修行をつんだとされる。和歌山県高野山にもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かるかやどう【苅萱堂】

和歌山県の高野山往生院谷にあり,密厳院に属する。いまも苅萱道心と石童丸の唱導をするので知られ,その旧跡とされている。密厳院は新義真言宗の開祖,覚鑁(かくばん)(興教大師)の念仏堂であったが,そのまわりに念仏の高野聖(ひじり)があつまり,その中心に萱堂(かやんどう)ができて萱堂聖と称せられた。鎌倉時代中期にこの萱堂聖の中心となった人物は,臨済宗興国寺派の祖心地覚心(法灯国師)であった。この一派は唱導を得意とし,なかでも苅萱物語の懺悔発心談をレパートリーにしたので,萱堂は苅萱堂とよばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の苅萱堂の言及

【高野山】より

…この谷の北側西端には,高野山真言宗の総本山である金剛峯寺がある(なお金剛峯寺という名は,本来は高野山一山の総称であった)。また往生院谷の南側にある苅萱堂(かるかやどう)は,中世には高野聖の一派である萱堂聖の本拠地であった。 奥之院は高野山の東部にあり,空海の廟を中心とする霊域で,弘法大師信仰の聖地である。…

※「苅萱堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

苅萱堂の関連情報