コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿親 やどおや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿親
やどおや

若者宿あるいは娘宿として家屋の一部を提供する家の主人。一定年齢に達した若者,娘はその主人と宿親・宿子という儀礼的親子関係を結んで宿入りするところもあり,若者は毎晩宿に泊りに行くことで村人としての訓練を宿親から受け,さらに結婚に際しては宿親が仲人をすることが多かった。この種の宿親は多くは網元や船主あるいは地主であり,したがって,宿子は宿親のもとでその労働力を構成することにもなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やど‐おや【宿親】

若者宿や娘宿を引き受けた家の主人。監督・指導の責任者であり、また、仮親や結婚の仲人となることも多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やどおや【宿親】

若者宿や娘宿の主人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿親
やどおや

若者仲間の寝宿慣行に伴う仮親。古くは村内の未婚男女が仲間をつくり特定の「宿」に寝泊りする習俗=「寝宿」慣行が西南日本にはかなり広くみられたが、それには「村宿」と「個人宿」の両種があった。「宿親」はおもに村内の特定の家を「寝宿」にする場合に、その家の主人夫婦を「宿親」にたて、出入りの若者はその「子方」となった。寝宿オヤ、ワカオヤ、マワリオヤともいい、「宿子」はマワリゴ、ヤドシなどともよんだ。「若者宿」に対し「娘宿」が対置されていた所もあるが、一般に「娘宿」は早く消失し、男子の「寝宿」だけがかなりあとまで残った。また所によっては男女共同の「宿」があり、「若者頭」がその統制に任じた所もあるが、むしろそれは例外的な存在とみられる。ともかく「宿親」は、親から委任されて彼らの交際関係を見守り、気に入った相手ができれば、結婚仲介の労をとることが通例で、また「宿親」は多く「網主・船主」など漁村の有力者であり、また旧「地主」も多かったので、夜業を通じて生業の習得に資するところもあったらしい。ともかく「村内婚」の支配的な場面に生じた男女交際関係の「媒体」として、かつての「寝宿」は働き、「宿親」はその後見的な役割を受け持ったとみられるが、しかし若者仲間の自治的統制と宿親の監督力との関係は、地方ごとにいろいろで一様にはみられない。ともかく「寝宿」慣行にもこうした「宿親」としての規制が働いていたことは、いちおう注目されねばならない。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宿親の言及

【若者宿】より

…配偶者の選択には若者の仲間が助言や助力をし,ときには〈嫁盗み〉も行われた。また宿の主人が宿親として若者に対するしつけや助言,忠告を行い,婚礼に際して仲人となることもあった。一方,若者たちは宿子と呼ばれ,宿親や宿子どうしとは生涯にわたって親密なつきあいが行われた。…

※「宿親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿親の関連情報