コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶子味梅 チャサンバイ

デジタル大辞泉の解説

ちゃさんばい【茶子味梅】

狂言。和泉(いずみ)流。夫の唐人が、奇妙なことを言って泣くので物知りに尋ねると、唐土を恋しがって泣くのだという。そこで妻は酒で機嫌をとるがうまくいかない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃさんばい【茶子味梅】

狂言の曲名。女狂言。和泉流だけにある。夫は唐人,妻は日本人で10年余り連れ添っているが,このごろ夫は〈日本人無心我唐妻恋(につぽんじんむしんがとうさいれん)〉〈ちゃさんばい〉〈きさんばい〉などと奇妙な言葉を口にしては泣くことが多い。妻は近所の物知りにその意味を尋ねに行くと,それは〈故国に残してきたもとの妻が恋しい〉〈茶が飲みたい〉〈酒が飲みたい〉という意味なので,異境に住む夫に酒など飲ませていたわってやれと教えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃさんばい【茶子味梅】

狂言の一。日本人の妻をもつ唐人が、唐土に残してきた妻を恋しがる。夫の寂しさを慰めようと、日本人の妻は酒をすすめ舞を舞うが、それでも恋しがって泣く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶子味梅
ちゃさんばい

狂言の曲名。女狂言。和泉(いずみ)流だけの曲。唐人を夫とした箱崎の浦に住む日本人妻が、近ごろ夫が奇妙なことをいって泣くと、近所の物知りにそのことばの意味を尋ねに行き、日本人無心我唐妻恋(にっぽんじんむしんがとうさいれん)とは「日(ひ)の本(もと)の人の心のなかりけり、わが唐土(もろこし)の妻ぞ恋しき」ということ、さらにチャサンバイは「茶を飲もう」、キサンバイは「酒を飲もう」の意だと知る。そこで帰宅した妻は夫(シテ)に酒を飲ませて機嫌をとる。喜んだ夫は、妻に舞を所望し、自分も楽(がく)を舞うが、舞の終わりにまた「日本人無心……」と泣き出し、妻に追い込まれる。国際結婚の悲喜劇を描いた珍しい曲で、楽は瓢逸(ひょういつ)な囃子(はやし)で舞い異国情緒を漂わす。「フーライ、フーライ(うれしい)」「タブケ、タブケ(いやだ)」など、唐音(とうおん)といわれる狂言独特の珍妙な中国語も笑いを誘う。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

茶子味梅の関連キーワード狂言現行曲一覧いずみ小林女物狂言