コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲脚 ウンキャク

デジタル大辞泉の解説

うん‐きゃく【雲脚】

雲が流れ動くこと。また、その速さ。くもあし。
垂れ下がったように見える雲。くもあし。
粗悪な抹茶。点茶の際に泡沫が浮き雲のように早く消えてしまうところからいう。
香煎(こうせん)」に同じ。

くも‐あし【雲脚/雲足】

雲の流れ動くさま。また、その速さ。「―が速い」
低く垂れ下がった雨雲。
「窓硝子をあげようとする間もなく、すぐもう低い―が切れていた」〈里見弴・安城家の兄弟〉
雲形に曲がったり、形の装飾のある机や台の脚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんきゃく【雲脚】

雲の動き。くもあし。
品質の劣る抹茶。泡が浮き雲のように早く散るからという。 「茶は-にても心の奇麗なるを数奇者と名付て/甲陽軍鑑 品四〇

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲脚
うんきゃく

『下学集(かがくしゅう)』(1444年成立)に「雲脚」として「悪茶名也、茶ノ泡早く滅(キ)ヘ浮雲ノ脚ノ早ク過ギ去ルガ如シ」と記すこともあって、雲脚すなわち粗悪な抹茶(まっちゃ)とされてきた。しかし、最近では、「茶少ク湯多クバ即チ雲ノ脚散ズ、湯少ク茶多クバ即チ雲ノ脚聚マル」のように、もともと「雲脚」は茶を立てる際の茶と湯のバランスに関する用語で、茶の質を意味するものではないこと、中世の日記類でも、雲脚茶は、しばしば「所望(しょもう)」や「贈答」の対象となっており、また雲脚茶を用いた「順事茶会」が催されていること、などから、むしろ上級茶の一種と考えるべきではないかといわれている。しかし、ただ「上級茶の一種」というだけでは「雲脚茶」の説明としては不十分で、その位置づけは今後の課題。雲脚茶会が「地下(じげ)の男共済々(せいせい)相い交」って催されている(『看聞日記』応永24年閏5月14日)のは注目される。[丹生谷哲一]
『亀井孝校『下学集』(1944・岩波文庫) ▽張建立著『茶道と茶の湯』(2004・淡交社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雲脚の関連キーワード藪内紹智(6代)藪内紹智(3代)薮内比老齋甲陽軍鑑藪内剣仲藪内竹心藪内流浮き雲雲の脚比老斎茶寄合香煎泡沫幣帛闘茶通円点茶

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android