草地鉱(読み)くさちこう(英語表記)kusachiite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

第二銅と蒼鉛(そうえん)の複酸化物。1995年(平成7)、逸見(へんみ)千代子(1949― )によって岡山県川上(かわかみ)郡備中(びっちゅう)町(現、高梁(たかはし)市備中町)布賀(ふか)から記載された新鉱物である。トリプケ石trippkeite(化学式Cu2+As2O4)のビスマス(Bi)置換体にあたり、トリプケ石系を構成する。形態は短柱状で、多くは粒状。比較的高温生成のスカルンを貫く方解石脈中に産する。現在までに原産地以外から産出の報告はない。

 共存鉱物は逸見石(へんみいし)、黒銅鉱tenorite(CuO)、シレン石、ベイカー石bakerite(Ca4B4[(OH)4|BO3OH|(SiO4)3])、バルトフォンティン石bultfonteinite(Ca2[F|SiO3OH]・H2O)、ブルース石、クスピディンcuspidine(Ca4[(F,OH)2|Si2O7])、ソーマス石、方解石など。硫化物よりは黒いが金属光沢。条痕(じょうこん)はほとんど黒色であるが、わずかに赤褐色味をみせる。直交する二方向の劈開(へきかい)があるが、つねに観察はできない。命名は岡山大学名誉教授であり鉱物学者の草地功(いさお)(1942― )にちなむ。

[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android