コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒井寛方 あらい かんぽう

5件 の用語解説(荒井寛方の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荒井寛方

日本画家。栃木県生。本名寛十郎。水野年方に入門し歴史画を学ぶ。初期文展・再興美術院に活躍、また巽画会・紅児会にも参加する。大正5年(1916)タゴールに招かれてインドに渡り、アジャンタ壁画を模写、帰国後は仏教に多く画題を得た作品を院展を中心に発表する。また当麻寺天井画・竹生島弁天壁画の制作や法隆寺金堂壁画の模写事業にも参加した。院展同人。昭和20年(1945)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あらい‐かんぽう〔あらゐクワンパウ〕【荒井寛方】

[1878~1945]日本画家。栃木の生まれ。本名、寛十郎。水野年方に歴史画を学び、文展、のち院展で活躍。インドのアジャンタ壁画や、法隆寺金堂壁画の模写事業に加わった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒井寛方 あらい-かんぽう

1878-1945 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治11年8月15日生まれ。水野年方に歴史画をまなぶ。大正4年院展に「乳糜(にゅうび)供養」を出品,同人に推される。5年インドにわたり,アジャンター壁画を模写。昭和15年より法隆寺金堂壁画の模写事業に参加した。昭和20年4月21日死去。68歳。栃木県出身。本名は寛十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あらいかんぽう【荒井寛方】

1878~1945) 日本画家。栃木県の生まれ。本名、寛十郎。初め歴史画を学び、初期文展で活躍。再興日本美術院同人。タゴールに招かれアジャンター壁画を模写。法隆寺金堂壁画の模写にも従事。代表作「乳糜にゆうび供養」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒井寛方
あらいかんぽう
(1878―1945)

日本画家。栃木県生まれ。本名寛十郎。水野年方(としかた)に師事し歴史画を学んだ。1900年(明治33)結成の紅児会(こうじかい)に加わる。初期の文展に出品していたが再興日本美術院に転じ、1915年(大正4)その第2回展に『乳糜(にゅうび)供養』を出品して同人に推された。翌1916年インドに渡り、アジャンタをはじめ中央アジア各地の壁画を模写した。1924、1925年に中国を旅行、1926年には渡欧してローマの遺跡などを訪ねる。仏画を描いて院展に出品を続け、法隆寺金堂壁画の模写事業にも加わった。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒井寛方の関連キーワード伊藤鷺城池田輝方水野年方中山秋湖長谷川玉粹小川雨虹大山雅堂水野竹田敬方山崎年信(初代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒井寛方の関連情報