コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋敷神 やしきがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋敷神
やしきがみ

屋敷の一角または屋敷の付属地域に祀られている神。一般に屋敷と土地を守護する神とされる。現在最も多くみられるのは,各家に祀られる屋敷神であるが,原初的な型は,本家にある屋敷神をその一族が守護神として祀るものであった。一族の結合がゆるんで,本家を中心とする旧家だけで祀る形となり,分家が独立して次第に各戸で祀るようになった。屋敷神の祭りは,春は旧暦2月,秋は旧暦 10月または 11月に行われるのが通例で,田の神山の神交代の時期と一致する。また祭神を家の開拓先祖とか祖霊とする場合もあり,祖霊信仰との関連を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やしき‐がみ【屋敷神】

屋敷内の一隅に祭る神。稲荷・熊野明神などが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

屋敷神【やしきがみ】

屋敷内や付属地にまつられた家の守護神。地方により内神,地神,氏神荒神とも。祖霊信仰に由来すると考えられるが,稲荷,神明,秋葉,祇園,八幡などの神が勧請され,それらが祭神とされるに至った。
→関連項目地主神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やしきがみ【屋敷神】

屋敷すなわち宅地内の一隅やこれに接続した小区画に,小祠を構えあるいは古木や石などを依代(よりしろ)にするなどしてまつられている神をいう。
[日本]
 屋敷神という呼称は学術用語で,実際には地方ごとにウジガミ,ウチガミ,チジン(地神),荒神(こうじん),イワイジン(祝神)などの呼称があり,さらにまたまつられている神に即して稲荷,熊野など雑多な神名で呼ばれている。屋敷神呼称の雑多性は,勧請神進出の事実を示すとともに,修験や巫女(みこ)など信仰伝達者の活躍を物語るものと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やしきがみ【屋敷神】

屋敷地の一隅やその隣接地にまつる神。山の神・稲荷などをまつることが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋敷神
やしきがみ

宅地内の一隅や宅地続きの小区画に祀(まつ)られている神をいう。屋敷神というのは学術語であって、実際には地方ごとにさまざまな呼称が行われている。祭神としては、全国的にみて稲荷(いなり)が優勢であるが、そのほか神明(しんめい)、祇園(ぎおん)、熊野(くまの)、天王、白山、八幡(はちまん)、山の神などさまざまである。このような祭神の雑多性は、勧請神進出の事実を示すとともに、修験(しゅげん)、巫女(みこ)、念仏など信仰伝達者の活躍を物語るものと考えられる。
 次に祭祀(さいし)者の範囲という観点からみると、屋敷神には次の三つの類型が指摘できる。(1)村落内のほとんど各戸で屋敷神を祀る型で、これを「各戸屋敷神」とよぶ。(2)村落でも特定の旧家・本家筋に限って祀る型で、これを「本家屋敷神」とよぶ。(3)本家の屋敷神を同族が参加して祀る型で、これを「一門屋敷神」とよぶ。この三つの類型は、いずれも全国的な規模で分布している。この三者の関係については、一門屋敷神の祭祀組織がもっとも古い形で、それが同族結合の崩壊、分家群の脱落によって、本家屋敷神へ移行するとともに、分家の実力が台頭し、家意識が高まり、同族結合の枠が崩れることによって、各戸屋敷神へ分化する傾向をたどったものと考えられる。屋敷神の神格については、一般神、自然神を祀るとする土地も多いが、また祖先神を祀るとする土地も広い分布を示している。ことに家代々の死者が屋敷神になるとの伝承があったり、屋敷神と墓との密接な関係を示す資料も少なくない。そこで屋敷神の祖霊的性格ということが、大きな問題になってくる。[直江広治]
『直江広治著『屋敷神の研究』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の屋敷神の言及

【土地神】より

…作物季節の導入者である雨竜が目覚める日と,土地神の誕生日が同時に考えられていることは,きわめて興味深い。【直江 広治】
[日本]
 土地の神は日本では,ジガミ(地神),ジジン,ジノカミ(地の神),ジヌシサマ(地主様)などと呼ばれ,屋敷神のほか畑の隅や村の辻などに石塔や石碑をたててまつられる。屋敷神としての地神は今日では主に土地や屋敷の守護神とされているが,一方で開発先祖や祖霊をまつったものという所や,人が死んで33年あるいは50年たつと地主様になるという伝承もある。…

※「屋敷神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋敷神の関連情報