コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲神楽 イズモカグラ

3件 の用語解説(出雲神楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いずも‐かぐら〔いづも‐〕【雲神楽】

神楽の分類の一。出雲佐太神社の神楽の様式が広まったもので、中国・九州地方を中心に全国に分布。ふつう採物(とりもの)の舞と、神話などを脚色した演劇風の舞からなる。出雲流神楽。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いずもかぐら【出雲神楽】

民間に伝承される神楽の分類名称。前段の採物舞とりものまいと後段の神能しんのうの二部分より成る神楽の総称。全国的に広く分布するが、出雲地方に典型がみられるのでこの称がある。出雲流神楽。岩戸神楽もこの系統に属する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲神楽
いずもかぐら

神楽の一系統。島根県松江市鹿島(かしま)町佐太(さだ)神社の神事を中心にして、出雲地方に発したのでこの名がある。出雲神楽は採物(とりもの)(榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖(つえ)、篠(ささ)など手に持って舞うもの)を主とした舞に特色があるといわれている。佐太神社には古くから神座の御座(ござ)を毎年敷き替える御座替えの祭が執行されており、「七座の神事」と「神能(しんのう)」はこの例祭(9月24日。もとは旧8月24日)の翌夜に行われる。現在ではこの二つをあわせて「佐陀(さだ)神能」とよび、国の重要無形民俗文化財となっている。この祭は明治維新前まで、佐太神社の支配下にあった出雲三郡半(島根、秋鹿(あいか)、楯縫(たてぬい)の3郡と意宇(おう)郡の西半分)の神職が参集して務めた。七座の神事は面を用いない神事性の濃い採物舞で、剣舞(けんまい)、清目(きよめ)、散供(さんぐ)、御座、勧請(かんじょう)、祝詞(のりと)、手草(たぐさ)の7曲がある。次に式三番(しきさんば)以下神能に入る。神能は役目能ともいわれ、神話や神社縁起に題材をとった能風の面神楽で、式三番以外に大社(おおやしろ)、真切(まきりめ)、厳島(いつくしま)、恵比寿(えびす)、日本武(やまとだけ)、八幡(やわた)、磐戸(いわと)、三韓(さんかん)、八重垣、荒神(こうじん)、住吉、武甕槌(たけみかづち)の12番がある。神能は謡(うたい)がいまの能と同じ構成をもち、一説には1608年(慶長13)ごろ佐太神社の幣主(へいぬし)宮川秀行が京で能を学んで帰り、能に倣って神能をつくったと推測されているが、その演じ方には一段と古い能の形式を残しているとみられるものがある。七座の神事と神能とは三郡半の神職のつかさどるそれぞれの神社でも舞われ、しだいに出雲国一帯に及ぶとともに、やがて中国地方全般に広く伝播(でんぱ)していった。そのおもなものは、出雲(島根県東部)では大原郡(現、雲南(うんなん)市)の大原神職神楽、飯石(いいし)郡(現、飯南(いいなん)市)の奥飯石神楽、石見(いわみ)国(島根県西部)に入った大元(おおもと)神楽、石見神楽、備中(びっちゅう)(岡山県西部)方面に伝わった備中神楽、荒神神楽、神殿(こうどの)神楽、隠岐(おき)の隠岐神楽などがある。また、このいわゆる出雲流神楽の系統は、四国や九州にも広がっているが、ことに九州では高千穂(たかちほ)神楽を初めとしてほぼ全域にわたり、さらに関東から東北地方の神楽に至るまでみられる。今日もっとも広く全国に分布し、伊勢(いせ)流神楽とともに神楽の一大系統を形成している。[高山 茂]
 なお出雲神楽は、2011年(平成23)「佐陀神能」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。[編集部]
『本田安次著『神楽』(1966・木耳社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出雲神楽の関連キーワード伊勢神楽神楽笹神楽殿獅子神楽太太神楽通り神楽丸一夜神楽神楽の舞 水割缶十二座神楽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出雲神楽の関連情報