コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神石 じんせき

2件 の用語解説(神石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神石
じんせき

広島県東部,神石高原町北西部の旧町域。吉備高原の最高地点に位置する。 1954年高光村と牧村が合体して町制。 1955年永渡村を編入。 2004年油木町,豊松村,三和町と合体して神石高原町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神石
じんせき

広島県東部、神石郡にあった旧町名(神石町(ちょう))。現在は神石高原町の北西部を占める地区。旧神石町は、1954年(昭和29)高光(たかみつ)、牧(まき)の2村が合併して成立。1955年永渡(ながと)村を編入。2004年(平成16)、油木(ゆき)町、豊松(とよまつ)村、三和(さんわ)町と合併し、神石高原町となる。中国山地の吉備(きび)高原上にあり、米作のほかに、古くから牧牛が盛んで、神石牛として有名。コンニャクや野菜の栽培も盛んである。庄原(しょうばら)市との境には石灰岩台地を切って流れる帝釈(たいしゃく)川の峡谷(帝釈峡)がある。雄橋(おんばし)・雌橋(めんばし)の自然橋や神竜(じんりゅう)湖ダムなどがあり、比婆道後(ひばどうご)帝釈国定公園の一部となっている。また石灰台地にはサンゴ、アンモナイト、三葉虫など化石も多い。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神石の関連情報