コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神石 じんせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神石
じんせき

広島県東部,神石高原町北西部の旧町域。吉備高原の最高地点に位置する。 1954年高光村と牧村が合体して町制。 1955年永渡村を編入。 2004年油木町,豊松村,三和町と合体して神石高原町となった。農業が主で,帝釈川とその支流の開析谷では米作が行なわれ,高原上ではコンニャクイモが栽培される。和牛飼育も行なわれる。林業では良質な家具材を産する。帝釈川の谷に名勝の帝釈峡があり,付近は比婆道後帝釈国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神石
じんせき

広島県東部、神石郡にあった旧町名(神石町(ちょう))。現在は神石高原町の北西部を占める地区。旧神石町は、1954年(昭和29)高光(たかみつ)、牧(まき)の2村が合併して成立。1955年永渡(ながと)村を編入。2004年(平成16)、油木(ゆき)町、豊松(とよまつ)村、三和(さんわ)町と合併し、神石高原町となる。中国山地の吉備(きび)高原上にあり、米作のほかに、古くから牧牛が盛んで、神石牛として有名。コンニャクや野菜の栽培も盛んである。庄原(しょうばら)市との境には石灰岩台地を切って流れる帝釈(たいしゃく)川の峡谷(帝釈峡)がある。雄橋(おんばし)・雌橋(めんばし)の自然橋や神竜(じんりゅう)湖ダムなどがあり、比婆道後(ひばどうご)帝釈国定公園の一部となっている。また石灰台地にはサンゴ、アンモナイト、三葉虫など化石も多い。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神石の関連キーワード広島県神石郡神石高原町木津和広島県神石郡神石高原町下豊松広島県神石郡神石高原町上豊松広島県神石郡神石高原町父木野広島県神石郡神石高原町坂瀬川広島県神石郡神石高原町大矢広島県神石郡神石高原町小野広島県神石郡神石高原町上野広島県神石郡神石高原町有木広島県神石郡神石高原町井関広島県神石郡神石高原町亀石広島県神石郡神石高原町花済広島県神石郡神石高原町安田広島県神石郡神石高原町相渡とよまつ紙ヒコーキ・タワー広島県神石郡神石高原町油木広島県神石郡神石高原町永野広島県神石郡神石高原町光信広島県神石郡神石高原町古川広島県神石郡神石高原町光末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神石の関連情報