コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野久作 おぎのきゅうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻野久作
おぎのきゅうさく

[生]1882.3.25. 愛知
[没]1975.1.1. 新潟
産婦人科医。オギノ式避妊法の創始者。 1909年,東京帝国大学医科大学卒業。 12年より新潟市内の竹山病院に勤務。新潟医科大学で婦人の月経周期のメカニズムを研究し,24年に「人体の黄体の研究」を発表。このなかで受胎期が簡単に計算できることを示したところ,これがオギノ式避妊法として世界的に著名となった。また子宮頸癌の根治手術 (荻野式) も創案した。 66年朝日文化賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野久作 おぎの-きゅうさく

1882-1975 明治-昭和時代の産婦人科医。
明治15年3月25日生まれ。新潟の竹山病院につとめながら月経周期に関する研究をつづけ,昭和5年ドイツの雑誌に論文「排卵日と受胎日」を発表,国際的な反響をよぶ。この学説はオギノ式として避妊に利用される。日本産婦人科学会名誉会長,世界不妊学会名誉会長。昭和50年1月1日死去。92歳。愛知県出身。東京帝大卒。旧姓は中村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぎのきゅうさく【荻野久作】

1882‐1975(明治15‐昭和50)
大正・昭和前半期の産婦人科学者。排卵期と受胎期についての荻野説と,それを受胎調節法として応用する避妊法〈オギノ式〉の創始者として知られる。愛知県生れ。本姓は中村。東大卒業後産婦人科学教室に入り,1912年新潟市竹山病院産婦人科部長となり,36‐58年同病院院長をつとめた。一方,新潟医大病理学教室で研究に従事し,月経周期と排卵に関する研究から荻野(または荻野=クナウス)説を立てて世界に知られ,これが受胎調節に応用されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻野久作
おぎのきゅうさく
(1882―1975)

産婦人科医。明治15年3月25日、愛知県八名(やな)郡下条村、中村彦作の次男として生まれ、1901年(明治34)荻野忍の養子となった。1909年東京帝国大学医科大学卒業後、東大産科婦人科学教室で研究、1912年新潟市竹山病院婦人科医長、1936年(昭和11)同院長となった。1922年から1929年まで新潟医科大学病理学教室で研究し、その成果である「人類黄体の研究」により、1924年医学博士となった。同年「排卵の時期、黄体と子宮粘膜の週期的変化との関係、子宮粘膜の週期的変化の週期及び受胎日に就(つい)て」を発表し、外国にも知られて荻野学説として世界的脚光を浴びるに至った。これは、排卵日が予定月経前第16日から第12日までの5日の間にみられるとする説で、それまでの先行月経から求めようとした行き方と逆である。例外もあるが、大筋は承認されて定説化している。また、この期間に精子の生存期間を加えて禁欲する荻野式避妊法は広く行われている。手術では子宮癌(がん)に対する荻野術式を発表した。1951年(昭和26)新潟市名誉市民。昭和50年1月1日新潟市で逝去。[石原 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荻野久作の言及

【荻野説】より

荻野久作が発表した月経と排卵に関する学説。オギノ式の名で避妊にも応用されている。…

※「荻野久作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荻野久作の関連キーワード日本の医学史(年表)荻野=クナウス学説産婦人科医昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android