コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野説 おぎのせつ

百科事典マイペディアの解説

荻野説【おぎのせつ】

1924年荻野久作〔1882-1975〕の発表した説。〈女性の排卵時期は,月経周期に関係なく,予定月経前第16日から第12日に至る5日間である〉というもの。オギノ式受胎調節とは,この5日に子宮内精子生存可能期の3日を加えた8日間を避妊するもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぎのせつ【荻野説 Ogino theory】

荻野久作が発表した月経と排卵に関する学説。オギノ式の名で避妊にも応用されている。成熟した正常婦人では,25~38日くらいの間隔(月経周期)で月経が起こる。そのほぼ中間に排卵が起こるのであるが,正確な排卵日について,1924年まで定説がなかった。24年に荻野説が発表されたが,それまでの研究者が月経から排卵日までの日数に規則性を見いだそうと努力してきたのに対し,排卵から次の月経までの日数こそが一定範囲の日数にあるのであって,月経から排卵までの日数は月経周期日数の長短に応じ変化することを明らかにしたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荻野説の言及

【妊娠】より

…したがって,たとえ性交時に排卵がなくても,72時間以内に排卵が起これば受精は可能といえる。ヒトの黄体の寿命は一定で,14日前後であるという荻野説によれば,排卵の時期は次回月経前12~16日であるから,受精の起こる期間はおよそ予定月経前14日前後とされる。最も受精しにくいのは月経前の1週間であり,次いで月経後の2~3日であるといわれている。…

【排卵】より

…するとその刺激で,子宮体内膜は崩壊剝離して月経出血が始まる。月経開始から排卵までの卵胞期と呼ばれる時期の長さは大体10~28日くらいで一定していないのに対し,排卵後月経開始の前日までの黄体期の長さは14±2日と一定しているというのが荻野久作により発表された荻野説(1924)で,この説は広く世界的に認められている。排卵時期および排卵の有無をしらべる検査法にはいろいろあるが,いちばん広く使われているのは基礎体温法である。…

※「荻野説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荻野説の関連キーワード荻野学説基礎体温