コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢利喜太郎 ふじさわりきたろう

6件 の用語解説(藤沢利喜太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤沢利喜太郎
ふじさわりきたろう

[生]文久1(1861).9.9. 新潟
[没]1933.12.23. 東京
数学者。東京大学理学部物理学科の卒業 (1882) であるが,当時の物理学科は数学・天文学を合併していた。数学研究のため 1883年より3ヵ年英独に留学し,1921年に退官するまで東京大学教授として,西洋数学の日本への移入に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじさわ‐りきたろう〔ふぢさはリキタラウ〕【藤沢利喜太郎】

[1861~1933]数学者。新潟の生まれ。東大教授。ヨーロッパで学んだ数学を紹介し、日本の数学界の基礎をつくった。のち貴族院議員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢利喜太郎 ふじさわ-りきたろう

1861-1933 明治-昭和時代前期の数学者。
文久元年9月9日生まれ。イギリス,ドイツに留学後,明治20年帝国大学教授となる。ゼミナール制度をとりいれ,高木貞治(ていじ),林鶴一(つるいち)らをそだてた。貴族院議員。昭和8年12月23日死去。73歳。越後(えちご)(新潟県)出身。東京大学卒。著作に「生命保険論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじさわりきたろう【藤沢利喜太郎】

1861‐1933(文久1‐昭和8)
数学者。新潟市に生まれる。1877年東京大学理学部数学物理学星学科に入学し,82年卒業。83年イギリスからドイツに留学,ベルリン大学でK.ワイヤーシュトラスやL.クロネッカーにつき学んだ。翌年ストラスブールにうつり,E.B.クリストッフェルらに学び,86年7月学位論文《熱伝導論にあらわれる超越方程式の根を係数として展開される無限級数について》によって学位を得た。86年秋再びベルリンに戻りクロネッカーやE.E.クンマーに学び,87年5月帰国,6月直ちに25歳で帝国大学理科大学教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじさわりきたろう【藤沢利喜太郎】

1861~1933) 数学者。佐渡の人。東京帝国大学教授。ヨーロッパの数学を紹介し、数学教育の振興に尽力した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤沢利喜太郎
ふじさわりきたろう
(1861―1933)

数学者。越後国(えちごのくに)(新潟県)生まれ。東京開成学校を経て、1882年(明治15)東京大学理学部を卒業。翌1883年からイギリス、ドイツに留学し、ベルリン大学でワイアシュトラースの講義を聞き、ストラスブール大学で解析学とくに関数論を研究した。1887年帰国して帝国大学理科大学教授となり、1891年理学博士の学位を得た。1900年(明治33)のパリでの第2回万国数学者会議には日本の代表として出席、和算について講演した。1906年帝国学士院会員となり、1921年(大正10)大学を定年退職、その後貴族院議員を務めた。
 帝国大学の数学科の改革に力を尽くし、講義にはドイツ式のゼミナール方式を導入し、師の菊池大麓(だいろく)とともに後進の指導にあたり、高木貞治(ていじ)や林鶴一ら優れた数学者を世に送り出した。ヨーロッパの本格的な学問的数学を紹介する一方、生命保険理論の数学や統計学も紹介し応用数学の面で業績をあげた。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤沢利喜太郎の言及

【数学教育】より

…通称〈黒表紙〉)。そこでは藤沢利喜太郎の〈数え主義〉の原理が採用され,数の概念から量を分離してしまった。第1次大戦後,欧米の進歩的思想が入ってきていわゆる大正デモクラシーの時代になると,自由主義・児童中心主義の教育思潮が興り,〈数学的な思想を養い〉〈精神の開発〉と〈自発的な活動の助長〉をめざす算術教育の気運が盛り上がってきた。…

【日本生命保険[相互会社]】より

…当時は有限責任帝国生命保険会社)に次いで3番目に古い。それまで使われていた外国の生命表にかえて,東京帝大教授藤沢利喜太郎(1861‐1933)に作成を依頼した日本最初の日本人の生命表〈藤沢氏第二表〉を活用したことで有名。1891年日本生命保険(株)と改称,98年には日本で最初の契約者利益配当を行い,99年末には契約高が2300万円を突破し業界第1位となり,その地位を今日まで保っている。…

※「藤沢利喜太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤沢利喜太郎の関連キーワード矢野健太郎新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢新潟県新潟市西区木場新潟県新潟市中央区西船見町新潟県新潟市西蒲区巻甲新潟県新潟市西区山田国枝元治福富節男前原昭二三守守

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤沢利喜太郎の関連情報