コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊鹿[町] きくか

百科事典マイペディアの解説

菊鹿[町]【きくか】

熊本県北部,鹿本(かもと)郡の旧町。筑肥(ちくひ)山地の南部にある純農山村で,米,タケノコ,クリ,シイタケ葉タバコスイカなどを産し,肉牛・乳牛飼育が盛ん。相良(あいら)にアイラトビカズラ特別天然記念物)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくか【菊鹿[町]】

熊本県北西部,鹿本(かもと)郡の町。1965年町制。人口7688(1995)。菊池市の北西に位置し,北は福岡県に接する。町域の大部分が筑肥山地の南斜面によって占められ,そこから発する内田川が南西流する。主産業は農林業で,内田川本支流沿いの沖積地では米のほか,メロン,イチゴなどの施設園芸が盛んである。丘陵地でタバコ,果樹栽培,畜産が行われている。林業では良材の生産のほかシイタケ,モウソウチクを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊鹿[町]の関連キーワード山地

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android