コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿央 かおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿央
かおう

熊本県北部,山鹿市南西部の旧町域。山鹿盆地の南西部にある。 1955年米野岳村,千田村,山内村の3村が合体して鹿央村となり,1965年町制。 2005年山鹿市,鹿北町,鹿本町,菊鹿町と合体し山鹿市となる。水田化された洪積台地でタバコ,スイカ,メロンの栽培,肉牛飼育が行なわれる。西部は丘陵地で米野山一帯は良質の杉材を産する。遺跡が多く,国指定史跡の岩原古墳群がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿央
かおう

熊本県北西部、鹿本(かもと)郡にあった旧町名(鹿央町(まち))。現在は山鹿(やまが)市の南端部を占める。旧鹿央町は1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)山鹿市に合併。旧町域の地形は、西から南にかけて花崗(かこう)岩類、三波川(さんばがわ)変成岩、安山岩類と連なる開析の進んだ低山性の米野(めの)山地と、北から東にかけて広がる沖積低地、段丘礫層(れきそう)台地からなる菊鹿(きくか)盆地とに大別される。台地端部には、県下最大級の前方後円墳岩原双子塚(いわばるふたごづか)古墳(国指定史跡)があり、開発の古さを示している。第二次世界大戦前までは、低地では「肥後(ひご)農法」に裏打ちされた質、量ともに優秀な水稲栽培が、台地では麦、大豆、アズキ、アワ、クワなどの栽培が、また山地ではスギ、タケ、クワなどのほか焼畑によるコウゾ、ミツマタ、ソバなどの栽培が、それぞれ一般的であった。戦後は低地では葉タバコ、プリンスメロンの栽培が、台地では結球ハクサイ、スイカ、ブドウの栽培が、山地ではミカン、クリの栽培が、それぞれ卓越するようになった。民俗行事である「観音祭」や、子供らが石を供える「バアサランダ」などが残っている。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鹿央の関連キーワード熊本県立装飾古墳館熊本県山鹿市久布白 落実山鹿(市)菊池川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿央の関連情報