コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿北 かほく

3件 の用語解説(鹿北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿北
かほく

熊本県北部,山鹿市北部の旧町域。筑肥山地の南斜面に位置する。北で福岡県に接する。 1954年岩野村,岳間村,広見村の3村が合体して鹿北村となり,1963年町制。 2005年山鹿市,鹿央町,鹿本町,菊鹿町と合体し,山鹿市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿北
かほく

熊本県北端、鹿本(かもと)郡にあった旧町名(鹿北町(まち))。現在は山鹿(やまが)市の北部を占める。旧鹿北町は1963年(昭和38)町制施行。2005年(平成17)山鹿市に合併。旧町域は西方小栗(おぐり)峠を越えて福岡県八女(やめ)市方面に至る国道3号が通じる。岩野川の本支流沿いの樹枝状に延びた沖積低地と、東端の火山岩(新生代新第三紀)で覆われた1000メートル程度の山地(最高峰国見山)を除けば、ほとんど三波川(さんばがわ)変成岩(古生代)からなる低山地帯である。山間の沖積低地には、真土(まつち)とよばれる粘土質に富む土壌が発達しており、県内一の味との評価を得ている鹿北米地帯が形成されている。また、面積の大半を占める低山地帯においては、昭和30年代前半までコバ作(焼畑)や炭焼きも営まれてきたが、伝統的にはスギ、ヒノキの育成林業の舞台であり、茶やタケノコの商品化も江戸中期にはすでにみられた。近年主産業の林業は、しだいにその主導的地位を低めつつあり、かわって、昭和30年代後半からミカン、クリなどの樹園地が増加傾向をたどっている。なお、数は少なくなったが、谷樋(たにどい)の通ったかや(ぶ)きの土間棟(むね)と居室棟の平接した二棟造の民家が残っている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿北の関連キーワード山鹿熊本県山鹿市石鹿北〈町〉熊本県山鹿市古閑熊本県山鹿市城熊本県山鹿市杉熊本県山鹿市津留熊本県山鹿市中熊本県山鹿市鍋田熊本県山鹿市山鹿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿北の関連情報