菊鹿(読み)きくか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊鹿
きくか

熊本県北部,山鹿市東部の旧町域。筑肥山地の南斜面から山鹿盆地にかけて広がる。 1955年六郷村,内田村,城北村の3村が合体して菊鹿村となり,1965年町制。 2005年山鹿市,鹿央町,鹿北町,鹿本町と合体し山鹿市となる。山地が多く,シイタケ,クリ,メロンを産し,肉牛,ブタなどを飼育する。相良には国の特別天然記念物アイラトビカズラ自生地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊鹿
きくか

熊本県北部、鹿本(かもと)郡にあった旧町名(菊鹿町(まち))。現在は山鹿(やまが)市の北東部を占める。旧菊鹿町は1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)山鹿市に合併。旧町域の南端から北に向けて樹枝状に延びる菊池(きくち)川の支流上内田川沿いの段丘礫(れき)層・沖積層からなる狭小な低地を除けば、北半は安山岩質集塊岩、南東半は花崗(かこう)岩類、南西半は三波川(さんばがわ)変成岩からなる低山性山地(筑肥(ちくひ)山地)である。棚田(たなだ)のほかに、昭和30年代後半までは焼畑、炭焼きもみられた。現在では、スギ、ヒノキとともに植林されたクリ、クヌギ(シイタケの原木)が、在来のメロン、タケノコに加えて新たな特産物となっている。矢谷(やだに)渓谷や登山の対象となっている八方ヶ岳(やほうがたけ)(1052メートル)のほか、相良(あいら)には特別天然記念物アイラトビカズラがある。また「安産観音(かんのん)」で知られる相良観音には参詣(さんけい)者が絶えない。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊鹿の関連情報