コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華燭/花燭 カショク

デジタル大辞泉の解説

か‐しょく〔クワ‐〕【華×燭/花×燭】

華やかなともし火。
「数十の―を灯(とぼ)し連ねたれば」〈竜渓経国美談
結婚の席にともすともし火。また、婚礼。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かしょく【華燭】

福井の日本酒。酒名は、大正天皇成婚を記念して命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は日野川伏流水。蔵元の「豊酒造」は宝暦3年(1753)創業。所在地は鯖江市下野田町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

華燭(かしょく)

福井県、豊酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

華燭/花燭の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾此処・此所・是・爰・茲ミギタ明日香会津絵蝋燭芝木 好子井上 立士福岡 徹ろうそく遠藤弘章華燭の典福井県御香奠佐藤誠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android