コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩藩閥閲録 はぎはんばつえつろく

百科事典マイペディアの解説

萩藩閥閲録【はぎはんばつえつろく】

萩藩主毛利吉元(もうりよしもと)が家臣永田政純(ながたまさずみ)に命じて藩内諸家所蔵の古文書・系譜を編纂させた史料集。170巻204冊。1720年に着手され,1725年に成立。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぎはんばつえつろく【萩藩閥閲録】

長州藩主毛利吉元が永田瀬兵衛政純に命じて,藩内諸家所蔵の古文書・系譜を編纂させたもの。1720年(享保5)に着手し,6年後に首巻と本文204冊が完成。《寺社証文》は同書の別編である。家臣所蔵文書はもちろん農・商の旧家伝来文書を含んでいる。芸備防長4ヵ国を中心として中国・北九州地方の戦国~近世初期の動向を知る貴重な史料。山口県文書館が5巻にまとめて刊行した。【小川 国治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩藩閥閲録
はぎはんばつえつろく

萩(長州)藩で編纂(へんさん)した系譜・古文書集。同藩の永田政純(ながたまさずみ)が1720年(享保5)から26年にかけて編纂した。170巻、目録1巻。ほかに、幕末期、収録に漏れた文書を集めた『萩藩閥閲録遺漏(いろう)』5巻15冊がある。同藩では1665年(寛文5)に杉岡就房(なりふさ)が編纂した文書集『諸家証文写』があったが、5代藩主毛利吉元(よしもと)の時期に至って、領内全体を対象とした文書・系譜の編纂気運が高まり、毛利氏の一門以下諸士、帰農した旧家、商家に伝来した、中世から近世に至る文書の編纂が行われた。編者の永田は歴史学者として名高く、各文書に厳密な考証を加え、「閥閲録」としてこれらを編集した。集録文書は、戦国期から近世初頭に集中し、戦国大名毛利氏の近世大名への発展過程を研究するうえで貴重な文書が多い。県立山口図書館のほか、写本は東京大学史料編纂所などに架蔵されている。1967~71年(昭和42~46)に5巻(遺漏1巻を含む)にまとめて刊行され、79年に復刻された。[長谷川成一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

萩藩閥閲録の関連キーワード益田貞兼山本勘介大野治長益田元祥市川局益田氏少将綾木中将

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android