コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)着き/落(ち)付き オチツキ

デジタル大辞泉の解説

おち‐つき【落(ち)着き/落(ち)付き】

気持ちや態度が物事に動じないで、安定した状態にあること。また、そのような状態・態度。平静さ。「―がない子供」「―を取り戻す」
動いていた物事が安定した状態になること。「相場の―を待つ」「世の中が―を失う」
器物の座りぐあい。また、物事の調和のぐあい。「―の悪い置物」「下(しも)の句の―が悪い」
旅館などに着いたとき、最初に飲食するもの。
「―は御雑煮、餅(もち)は大方一人前」〈浄・傾城酒呑童子〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

落(ち)着き/落(ち)付きの関連キーワードウィーン・アルバン・ベルク弦楽四重奏団アルノルフォ・ディ・カンビオセセリチョウ(挵蝶)ハーロー尾崎一雄平賀亀祐忘筌席難民網戸玄奘物事躁病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android