葉腐病(ベントグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

葉腐病(ベントグラス)

全国で発生し、被害の大きい重要な糸状菌病。梅雨入り頃から発生し、初めはぼんやりとしたパッチであるが、後に全体が暗褐色の円形の大型パッチとなる。直径は1m前後にも達する。病原菌はAG-2-2 ⅢBが多いが、関東以北ではAG-1 IBもかなり頻繁に分離される。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android