コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉腐病(ベントグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

葉腐病(ベントグラス)

全国で発生し、被害の大きい重要な糸状菌病。梅雨入り頃から発生し、初めはぼんやりとしたパッチであるが、後に全体が暗褐色の円形の大型パッチとなる。直径は1m前後にも達する。病原菌はAG-2-2 ⅢBが多いが、関東以北ではAG-1 IBもかなり頻繁に分離される。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

葉腐病(ベントグラス)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)ブラウンパッチくもの巣病モニリア病黒あざ病紋枯病葉腐病

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android