コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄葬 ハクソウ

4件 の用語解説(薄葬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐そう〔‐サウ〕【薄葬】

簡略にした葬儀。日本では、大化の改新に際し薄葬令を発して、墳墓の規模・副葬品などを縮小・簡略化させ、従来の厚葬を改めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薄葬【はくそう】

経費節約や風俗改正を目的として葬儀を簡素化すること。その命令を薄葬令という。中国で古くから皇帝の遺言などとして公布されたが,日本では大化改新の際のものが著名で,646年(大化2年)の薄葬令では,朝廷での身分に応じて,墳墓の大きさ,労務の人員と日数,副葬品などを規制した。
→関連項目葬制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はくそう【薄葬】

埋葬施設や喪葬儀礼を簡素なものとすること。日本古代の葬制の流れについて考えてみると,薄葬思想が濃厚であったかと思われる時期がいくつかある。まず第1に,雄略朝から5世紀末の時期である。倭国の版図が最大となり,大王号を称するに至った倭王武(雄略天皇)の山陵をどこに比定するかはさて置いても,5世紀後半の大王陵と目されるものは,その前後の大王陵と比較すると規模が小さく,古墳造営について,なんらかの規制が存在したと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はくそう【薄葬】

(厚葬に比して)より簡素な葬儀。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄葬の関連キーワード遊部仮埋葬簡素簡素化葬儀庭下駄埋葬埋葬儀礼店舗休業保険区民葬儀

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薄葬の関連情報