コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄葬 ハクソウ

百科事典マイペディアの解説

薄葬【はくそう】

経費節約や風俗改正を目的として葬儀を簡素化すること。その命令を薄葬令という。中国で古くから皇帝の遺言などとして公布されたが,日本では大化改新の際のものが著名で,646年(大化2年)の薄葬令では,朝廷での身分に応じて,墳の大きさ,労務の人員と日数,副葬品などを規制した。
→関連項目葬制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくそう【薄葬】

埋葬施設や喪葬儀礼を簡素なものとすること。日本古代の葬制の流れについて考えてみると,薄葬思想が濃厚であったかと思われる時期がいくつかある。まず第1に,雄略朝から5世紀末の時期である。倭国版図が最大となり,大王号を称するに至った倭王武(雄略天皇)の山陵をどこに比定するかはさて置いても,5世紀後半の大王陵と目されるものは,その前後の大王陵と比較すると規模が小さく,古墳造営について,なんらかの規制が存在したと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はくそう【薄葬】

(厚葬に比して)より簡素な葬儀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薄葬の関連キーワード元明天皇葛原親王土師氏遺令論衡賻物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄葬の関連情報