董永(読み)とうえい

世界大百科事典 第2版「董永」の解説

とうえい【董永 Dŏng Yŏng】

中国,代に発生した孝子伝説の主人公。山東省千乗の人とされる。早くに母を失った董永は,ひたすら父に孝養つくし,その父が死んだとき,埋葬費に窮して長者の奴隷となる。その孝心に感じた天は,織女星を下して妻とし,彼女は織布ので夫の身を償うと天界に帰ってゆく。白鳥処女説話の変型したもので,漢の劉向(りゆうきよう)《孝子伝》や干宝《捜神記》巻一などにみえ,《蒙求(もうぎゆう)》にも〈董永自売〉として収められ,古代のインテリたちに記憶された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「董永」の解説

董永
とうえい

中国の孝子説話上の主人公。幼くして母親を失った董永は、残された父親をよく世話する孝行息子であった。ところがその父親も死亡し、葬式を出すのに貧乏で費用もないため、自分の身を奴隷として売ることでお金を手に入れようとした。すると、董永が誠実な男であるのを知った主人が銭1万を貸し与えてくれ、無事に葬式は終えることができた。董永は、喪が明けてからその借金を働いて返すために主人の家に赴く途中、1人の婦人と出会って夫婦となる。婦人は主人の家に着くと、わずか10日の間に百疋(しょ)の絹を織り上げ、夫の借金をたちまち返済してしまう。自由の身になった2人が門を出たとき、その婦人は董永に、自分が天の織女であること、また深い孝養ぶりに感じた天帝の命によって下界に降り、董永の負債の返却を助けたことを告げて、天に昇っていったという。

[伊藤清司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android