コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツタ

デジタル大辞泉の解説

つた【×蔦】

ブドウ科の落葉性の蔓(つる)植物。吸盤のある巻きひげで木や岩に固着する。葉は卵形で、ふつう三つに裂けており、秋に紅葉する。夏、黄緑色の小花が集まって咲き、実は黒紫色に熟す。日本・朝鮮半島・中国に分布。なつづた。 秋》「―植ゑて竹四五本のあらし哉/芭蕉
紋所の名。ツタの葉をかたどったもの。鬼蔦・中陰蔦・結び蔦など。
ツタの葉に似せたひもの結び方。つたむすび。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つた【蔦】

ブドウ科のつる性落葉木本。日本・朝鮮・中国に分布。巻きひげには吸盤があり、山野の岩や樹に着生する。葉は円心形で浅く三裂し、光沢がある。夏、葉腋に黄緑色の小花をつけ、液果は小球形で紫黒色に熟す。秋の紅葉が美しいので、家屋の外壁や石垣にはわせたり、盆栽にして観賞する。ナツヅタ。 [季] 秋。
家紋の一。蔦の葉・蔓つる・花をかたどったもの。蔦・蔦花・中陰蔦・結蔦など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蔦 (ツタ)

学名:Parthenocissus tricuspidata
植物。ブドウ科の落葉つる性植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蔦の関連キーワード静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷長野県諏訪郡富士見町落合尾上 多賀蔵(3代目)市川 門之助(7代目)市川門之助(7代)桐山紋次(初代)鈴木道彦(1)キヅタ(木蔦)古満休意(1)アイビーリーグ己が向き向き長谷川永春何処と無く蔦屋重三郎日本の悪霊宇津ノ谷峠玉屋山三郎ナツヅタ散りぼふ岡村教邦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔦の関連情報