薄縁(読み)ウスベリ

デジタル大辞泉 「薄縁」の意味・読み・例文・類語

うす‐べり【薄縁】

布の縁をつけたござ。薄縁畳。
[類語]敷物上敷き茣蓙ござ花茣蓙むしろ花筵こも敷き藁絨緞緞通毛氈もうせんカーペット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「薄縁」の意味・読み・例文・類語

うす‐べり【薄縁】

  1. 〘 名詞 〙 畳表に布でへりを付けた敷物。うすだたみ。縁取(へりとり)
    1. [初出の実例]「薄縁を舞殿之南方に北へ向て、東西へ二畳敷て」(出典:多聞院日記‐文明一〇年(1478)八月一四日)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「薄縁」の意味・わかりやすい解説

薄縁
うすべり

縁をつけた茣蓙(ござ)(畳表に使う藺蓆(いむしろ))。幅は約90センチメートル、長さは自由で、縁側などに長く敷き延べたり、幅をつなぎ合わせて板の間座敷の上敷きなどに用いる。床の間にも敷く。模様を織り出した茣蓙を花茣蓙というが、これには縁をつけない。薄縁の先祖平安時代薄畳(うすじょう)である。薄畳は藺蓆の裏に薦(こも)を1枚重ねて縁をつけたもので、薦を2枚以上重ねると厚畳(あつじょう)になる。薄縁とよぶようになったのは室町時代ごろからのようである。

小泉和子

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android