コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄縁 ウスベリ

デジタル大辞泉の解説

うす‐べり【薄縁】

布のをつけたござ。薄縁畳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすべり【薄縁】

藺草いぐさで織った筵むしろに布の縁をつけた敷物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薄縁
うすべり

縁をつけた茣蓙(ござ)(畳表に使う藺蓆(いむしろ))。幅は約90センチメートル、長さは自由で、縁側などに長く敷き延べたり、幅をつなぎ合わせて板の間や座敷の上敷きなどに用いる。床の間にも敷く。模様を織り出した茣蓙を花茣蓙というが、これには縁をつけない。薄縁の先祖は平安時代の薄畳(うすじょう)である。薄畳は藺蓆の裏に薦(こも)を1枚重ねて縁をつけたもので、薦を2枚以上重ねると厚畳(あつじょう)になる。薄縁とよぶようになったのは室町時代ごろからのようである。[小泉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

薄縁の関連キーワードござ(茣蓙∥御座)膝突き・軾小泉和子イグサ膝突き縁取り薄畳附国敷物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄縁の関連情報