(読み)ムシロ

デジタル大辞泉 「筵」の意味・読み・例文・類語

むしろ【×筵/×莚/×蓆/席】

わらなどを編んで作った敷物
風流な会合などの席。えん。「うたげの―」
[類語]敷物上敷き薄縁うすべり茣蓙ござ花茣蓙花筵こも敷き藁絨緞緞通毛氈もうせんカーペット

えん【筵】[漢字項目]

[音]エン(呉)(漢) [訓]むしろ
竹で編んだむしろ。敷物。座席。「講筵
酒宴の席。宴会。「賀筵祝筵

えん【×筵】

むしろ。敷物。
座席。会合などの席。酒宴の席。
「南溟老人が喜寿の―」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「筵」の意味・わかりやすい解説

筵/莚/蓆 (むしろ)

敷物の一種で,わら,イ(藺),菅(すげ),竹などを編んで作る。一般的にはわらむしろをいうが,織物製では〈綾むしろ〉〈絹むしろ〉〈氈(けむしろ)/(せん)〉などがある。また形により〈狭(さ)むしろ〉〈長むしろ〉〈小むしろ〉〈広むしろ〉などと区別した。わらむしろは,農家の板の間土間に敷いたり,出入口に垂らし風雨よけなどに用いた。穀物の乾燥用などの農作業用や荷物の包装材料としても広く用いられる。〈かます(叺)〉はむしろを二つ折りにして左右の両端を縫い閉じたもので,肥料石炭,塩,穀類などを入れた。むしろはむしろ機,筬(おさ),刺竹(さしだけ)などを用いて織る。筬の打ちおろし方でむしろの厚さを自由にすることができる。すべて手動で行うものから,わらを手で供給するほかは足踏みで行う方式のものへと変化するにつれ,むしろ織は農家の重要な副業となり自動むしろ織機も考案された。

執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【編物】より

…〈編み〉に機械的工夫を加えたものが〈織り〉だともいえよう。
【考古学からみた編物】
 人類は古くから編物を利用していたらしく,考古学的には網,籠(バスケット類),蓆(莚)(むしろ),網代などが確かめられる。だが編物は素材が一般に有機質だから腐りやすく遺物として残りにくいため,絵画資料によるほかは多くの場合,粘土面への圧痕などによってわずかにその存在を知るか,または出土する石・土製の錘をもって編物細工用の錘具あるいは漁網用の錘とみて,それらの存在を間接的に推知したりするにとどまる。…

【敷物】より

…すわる風習の場合には,すわりごこちを快適にするのが主目的であるが,椅子式の風習の場合には,室内を美化することと足ざわりを柔らかくするのが目的である。前者には,むしろ,ござ,畳,座布団などがあり,後者には,緞通(だんつう),絨毯(じゆうたん)(カーペット),ラッグやマットなどがある。カーペットは所定の場所に固定して敷きつめるもの,ラッグは暖炉の前などに飾りに敷いたりする小型で任意の場所に随時に用いられるもの,マットはだいたい粗末な材料で作ったもので,浴場の足ふき(バス・マット)や玄関の靴ふきなどに用いられる。…

※「筵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android