コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道子 ふじわら みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道子 ふじわら-みちこ

1900-1983 昭和時代の政治家。
明治33年5月26日生まれ。大正4年上京,はたらきながら看護婦試験に合格。賀川豊彦の影響でクリスチャンとなる。戦後は社会党にはいり,衆議院議員(当選2回),参議院議員(当選4回)。社会保障にとりくみ,売春防止法制定などでも活躍した。山崎劒二(けんじ)はもとの夫。昭和58年4月26日死去。82歳。岡山県出身。著作に「ひとすじの道に生きる」。

藤原道子 ふじわらの-みちこ

1042-1132 平安時代中期-後期,白河天皇の女御(にょうご)。
長久3年生まれ。藤原能長(よしなが)の娘。母は源済政(なりまさ)の娘。承香殿(じょうきょうでんの)女御とよばれた。准三宮(じゅさんぐう)となり,善子内親王を生む。内親王が斎宮となったとき伊勢(いせ)に同行し,ながく滞在。のち京都に阿弥陀丈六堂をたてたという。長承元年8月17日死去。91歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原道子の関連キーワード高杉 廸忠山崎 釼二白河天皇昭和時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原道子の関連情報