コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀内正和 ほりうちまさかず

3件 の用語解説(堀内正和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀内正和
ほりうちまさかず

[生]1911.3.27. 京都,京都
[没]2001.4.13. 東京,渋谷
彫刻家。日本の抽象彫刻の先駆者。常に抽象的な形態にこだわり続け,機知に富んだ作品で高く評価された。1929年二科展に初入選したのを機に東京高等工芸学校を中退し,番衆技塾藤川勇造に師事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

堀内正和【ほりうちまさかず】

彫刻家。京都市生れ。東京高等工芸学校中退。1929年二科展入選。藤川勇造に師事。1947年二科会会員。1966年退会。1950年―1974年京都市立美術専門学校教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀内正和 ほりうち-まさかず

1911-2001 昭和-平成時代の彫刻家。
明治44年3月27日生まれ。昭和4年二科展に初入選,22年二科会会員。25年京都市立美大(現京都市立芸大)教授。38年「海の風」で高村光太郎賞。44年「立方体の二等分」が現代国際彫刻展で大賞。ユーモラス幾何学的な立体作品を制作。現代抽象彫刻のパイオニア。平成13年4月13日死去。90歳。京都出身。東京高等工芸(現千葉大)中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀内正和の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀内正和の関連情報