藤川友吉(初代)(読み)ふじかわ ともきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川友吉(初代) ふじかわ-ともきち

1759-1808 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦9年生まれ。2代藤川八蔵の母の義弟。大坂浜芝居の若女方として活躍。寛政3年ごろから京坂の大芝居にでて色気のある女方として名声を博した。容姿にすぐれ,傾城事(けいせいごと)や所作事(しょさごと)を得意とした。文化5年6月16日死去。50歳。俳名は花友。屋号板屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android