コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤川友吉(初代) ふじかわ ともきち

1件 の用語解説(藤川友吉(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤川友吉(初代) ふじかわ-ともきち

1759-1808 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦9年生まれ。2代藤川八蔵の母の義弟。大坂浜芝居の若女方として活躍。寛政3年ごろから京坂の大芝居にでて色気のある女方として名声を博した。容姿にすぐれ,傾城事(けいせいごと)や所作事(しょさごと)を得意とした。文化5年6月16日死去。50歳。俳名は花友。屋号は板屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤川友吉(初代)の関連キーワードナポリ王国ブルボン朝1808年5月3日ゴヤ(年譜)ポーソン養賢堂上田秋成検察大英博物館河北門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone