コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林鶴一 ハヤシツルイチ

デジタル大辞泉の解説

はやし‐つるいち【林鶴一】

[1873~1935]数学者。徳島の生まれ。東北大教授。日本最初の数学専門誌「東北数学雑誌」を創刊し、和算の研究家としても活躍。教科書・啓蒙書の著作も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林鶴一 はやし-つるいち

1873-1935 明治-昭和時代前期の数学者。
明治6年6月13日生まれ。44年創設された東北帝大の数学科主任教授となる。国際的な評価をうけた「東北数学雑誌」を創刊。和算の研究で知られ,またすぐれた教科書を出版し,数学教育につくした。昭和10年10月4日死去。63歳。徳島県出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやしつるいち【林鶴一】

1873‐1935(明治6‐昭和10)
数学者。東北大学数学教室の初代の教授として,多くの数学者,数学教育者,数学史家を育てた。徳島に生まれ,京都の第三高等中学校を卒業する。ここで河合十太郎に師事する。晩年,和算の研究に没頭したのは河合の影響による。東京大学では,菊池大麓藤沢利喜太郎の指導を受ける。同級生に高木貞治吉江琢児がいた。東北大学では,図書館長,理学部長を歴任する。また,《東北数学雑誌》を自力で出版したり,和算に関する多くの論文を提出し,さらに数学に関する優れた教科書を出版した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はやしつるいち【林鶴一】

1873~1935) 数学者。徳島県生まれ。東北大学教授。「東北数学雑誌」創刊。主著「和算研究集録」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林鶴一
はやしつるいち
(1873―1935)

数学者。徳島市に生まれる。徳島中学、京都の第三高等中学を経て、1897年(明治30)東京帝国大学理科大学数学科を卒業した。京都帝国大学理工科大学助教授、松山中学教諭、東京高等師範学校講師を経て、1911年(明治44)4月東北帝国大学数学科教授となり、創立当時の東北大学の基礎を固めるのに功績があった。日本最初の数学専門の学術誌(『東北数学雑誌』)の発行により数学界に大きな刺激を与えたことや、関孝和(せきたかかず)の「解伏題の法」が行列式の理論を含んでいることの発見など和算の研究で知られている。また、公算論、級数概論、射影幾何学などの高等数学の啓蒙(けいもう)書を大倉書店より数学叢書(そうしょ)として発行したこと、明治末期より昭和10年ごろにかけて全国を風靡(ふうび)した中等教育用の代数学教科書、幾何学教科書(ともに東京開成館発行)などの著者、初代の日本中等教育数学会会長(1919~1927)として数学教育、啓蒙に貢献した。[佐々木重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の林鶴一の言及

【和算】より

…遠藤の没後これを三上義夫(1875‐1950)が増補訂正して《増修日本数学史》(1918)にまとめた。和算史の研究は,林鶴一(はやしつるいち)(1873‐1935),小倉金之助(1885‐1962),藤原松三郎(1881‐1946),細井淙(1901‐61)その他により続けられている。【下平 和夫】。…

※「林鶴一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林鶴一の関連キーワード日本科学史(年表)藤沢 利喜太郎藤原 松三郎藤原松三郎小倉金之助藤森 良蔵窪田忠彦卵形線学会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android