コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今調 こきんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今調
こきんちょう

歌論用語。『古今和歌集』の特徴的な詠風,律調,表現などをいう。写生的で素朴な力強さにあふれた万葉調,象徴的で情緒的な気分が漂う新古今調に対して,技巧的で繊細,優美な様式を示している。五七調から七五調に移り,動詞よりも名詞が多くなり,懸詞 (かけことば) や縁語が多用され,見立て擬人法が摂取され,枕詞序詞も発達し,歌枕歌語も進展して,発想と表現との調和が志向されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こきん‐ちょう〔‐テウ〕【古今調】

古今集にみられる特徴的な歌のよみぶりや歌の調子。理知的、観念的な内容で、優美・繊細なよみぶりが目立つ。七五調三句切れを主とし、掛け詞縁語などを多用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

古今調【こきんちょう】

古今和歌集》の特徴的な歌風,歌いぶりを万葉集の〈万葉調〉〈ますらおぶり〉に対して〈古今調〉〈たおやめぶり〉という。形式的には五・七調から七・五調への移行がみえ,三句切れが多くなる。
→関連項目新古今調

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こきんちょう【古今調】

古今集に代表される歌風・歌調。発想・内容では理知的・技巧的な面が強く、修辞的には縁語・掛詞の使用や七五調・三句切れが目立つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古今調の関連キーワード吉沢検校(2代)歌よみに与ふる書千五百番歌合新古今和歌集拾遺和歌集うけらが花本歌取り村田春海高崎正風藤原定家八田知紀藤原清正樋口一葉吉沢検校千鳥の曲古今調子桂園一枝小野古道藤原俊成琴後集

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android