古今調(読み)こきんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今調
こきんちょう

歌論用語。『古今和歌集』の特徴的な詠風,律調,表現などをいう。写生的で素朴な力強さにあふれた万葉調,象徴的で情緒的な気分が漂う新古今調に対して,技巧的で繊細,優美な様式を示している。五七調から七五調に移り,動詞よりも名詞が多くなり,懸詞 (かけことば) や縁語が多用され,見立て擬人法が摂取され,枕詞序詞も発達し,歌枕歌語も進展して,発想と表現との調和が志向されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古今調【こきんちょう】

古今和歌集》の特徴的な歌風,歌いぶりを万葉集の〈万葉調〉〈ますらおぶり〉に対して〈古今調〉〈たおやめぶり〉という。形式的には五・七調から七・五調への移行がみえ,三句切れが多くなる。平明優雅なその歌いぶりは,長く歌壇の主潮流として後代に受け継がれた。
→関連項目新古今調

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こきんちょう【古今調】

古今集に代表される歌風・歌調。発想・内容では理知的・技巧的な面が強く、修辞的には縁語・掛詞の使用や七五調・三句切れが目立つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android