コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇水峡 そすいきょう

4件 の用語解説(蘇水峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇水峡
そすいきょう

岐阜県南部,木曾川が美濃三河高原を浸食してできた峡谷。 1954年に八百津町に発電用の丸山ダムが建設され,ダムより上流約 16km間にある人造湖は蘇水湖と呼び,ダムより下流の深い峡谷を蘇水峡という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

そすいきょう【蘇水峡】

岐阜の日本酒。蔵元の「古田酒造」は明治10年(1877)江戸時代から続いた「岡田酒造」を継承し創業。所在地は加茂郡八百津町八百津。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そすいきょう【蘇水峡】

岐阜県南部,加茂郡八百津(やおつ)町にある木曾川中流の峡谷。飛驒木曾川国定公園の一部で,範囲は丸山ダムから下流約2kmの間である。木曾川が美濃三河高原を深く浸食して流れるところで,両岸の崖は比高300~500mある。両岸にはアベマキなどの落葉樹アオキなどの常緑樹が茂り,切り立った岩壁には天狗岩,烏帽子(えぼし)岩などの奇岩が連なり,ツツジサツキが生え,新緑や紅葉の季節には特に行楽客が多い。丸山ダムより上流は丸山蘇水湖とよぶ人造湖で,上流約15kmにおよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇水峡
そすいきょう

岐阜県加茂(かも)郡八百津(やおつ)町、木曽(きそ)川中流の丸山ダムから下流へ約2キロメートルの峡谷。木曽川の流れはここで緩やかになるので、かつては材木が筏(いかだ)に組まれた所(綱場(つなば))である。切り立った岸壁には烏帽子(えぼし)岩、天狗(てんぐ)岩などの奇岩が連なり、サクラや紅葉が有名。丸山ダムによってできた丸山蘇水湖は湖岸の自然美や釣りで知られ、飛騨(ひだ)木曽川国定公園に含まれる。名古屋鉄道広見線明智駅からバス15分。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘇水峡の関連情報