コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚栄の市(読み)きょえいのいち(英語表記)Vanity Fair

翻訳|Vanity Fair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虚栄の市
きょえいのいち
Vanity Fair

イギリスの小説家 W.M.サッカレーの代表作。 1847~48年に月刊分冊で刊行。貧しいが勝ち気で才気にあふれるベキー・シャープと,裕福だが引込み思案のアミーリア・セドレーという2人の対照的な女性の浮沈を中心に多数の人物を配して,ビクトリア朝社会のパノラマを繰広げ,上流崇拝などの人間の愚行を風刺した風俗小説。「ヒーロー (英雄=主人公) 不在の小説」と作者自身がいうように特異な作品であり,当時流行の小説技法をすべて裏返しにして用いた皮肉な作品となっている。題名はバニヤンの『天路歴程』からとったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょえいのいち【虚栄の市 Vanity Fair】

イギリスの小説家サッカレーの小説。1847‐48年刊。ワーテルローの戦(1815)前後のイギリス社会を背景に,貧しい孤児の身から自らの美貌と狡知を頼りに社交界に乗り出すベッキー・シャープと,裕福な商人の娘でおっとりして純情なアミーリア・セドリーの2人の学校友だちの人生行路を対比させながら描く一大社会絵巻であり,サッカレーの代表作である。多彩な登場人物,印象的な情景描写,皮肉で暖かい作者の感慨など,作者の力を十分に発揮した名作。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょえいのいち【虚栄の市】

サッカレーの小説。1847~48年刊。二人の女性の対照的な生き方を軸に、ビクトリア朝社会の俗物性を風刺する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虚栄の市
きょえいのいち
Vanity Fair

イギリスの作家サッカレーの長編小説。1847~1848年にかけて月刊分冊の形式で発表。「虚栄の市」とは、バニヤンの有名な寓意(ぐうい)物語『天路歴程』のなかの地名で、人々が虚栄を大声で売っている場所だが、サッカレーは19世紀の上流社会の虚栄に満ちあふれた俗物根性を風刺して暴くために、この適切な表題を選んだ。副題に「ヒーローのない物語」とあるとおり、とくに際だった主人公はいないが、世の中を巧みに泳ぎ回り、群がる男どもをうまく利用して上流社会へのし上がるドライな女ベッキー・シャープと、おとなしくてお人よしの女アミーリア・セドレーの2人の人生航路を中心に、さまざまな人物を配して、まさに19世紀イギリスの一大パノラマともなっている。[小池 滋]
『三宅幾三郎訳『虚栄の市』全6冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android