コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫封じ ムシフウジ

4件 の用語解説(虫封じの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むし‐ふうじ【虫封じ】

子供に虫気(むしけ)が起こらないように、まじなうこと。また、そのための護符(ごふ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むしふうじ【虫封じ】

幼児が消化不良寄生虫を宿したりして身体が弱くきげんが悪い場合や,〈虫がおこる〉とか〈疳の虫〉と称するひきつけや疳が起こった場合に,これを防ぐ呪法のこと。対処法としては,寺社に参詣して神仏に祈願する,祭神名や呪言・文字などを唱える,修験者,祈禱師,神主,僧侶などに祈禱をしてもらう,寺社の呪符や守札を家の入口や神棚に貼り付けておく,きゅうをすえるなど動・植物を使った民間療法をする,といったことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むしふうじ【虫封じ】

子供の疳かんの虫をしずめるためにまじないをすること。また、その護符など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫封じ
むしふうじ

子供の疳(かん)を鎮めるためのまじない。昔は、子供がひきつけや疳をおこしたりするのを、「虫がおきる」「疳の虫」などといい、体内に虫気が生じたからと考えられた。御蔵(みくら)島(東京都)では、三夫婦健在の家から食物をもらって食べさせると治るという俗信もあり、アカガエルのつけ焼きや、マゴタロウムシはよく効くと信じられていた。社寺に参って虫封じの祈祷(きとう)をしてもらうのも一療法で、祭神名とか特定の文字を手のひらに書いて祈祷してもらったり、また呪符(じゅふ)をもらって家の入口や神棚に貼(は)り付けておくという場合が多い。また虫切鎌(がま)とよばれる鎌を、虫封じに霊験(れいげん)あらたかな神仏に奉納して願掛けをすることもある。虫切鎌は社前に数多く奉納されてあるので、そのなかから一つ選んで、虫気の子供の頭、腹、背中をなで回すとよく効くといわれた。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虫封じの関連キーワード寄生虫病血液寄生虫消化不良内部寄生放射線殺虫シダートの法則フールマンの法則密積効果(寄生虫)森下薫寄生虫病 (parasitic disease)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虫封じの関連情報