コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫封じ ムシフウジ

デジタル大辞泉の解説

むし‐ふうじ【虫封じ】

子供に虫気(むしけ)が起こらないように、まじなうこと。また、そのための護符(ごふ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むしふうじ【虫封じ】

幼児が消化不良寄生虫を宿したりして身体が弱くきげんが悪い場合や,〈虫がおこる〉とか〈疳の虫〉と称するひきつけや疳が起こった場合に,これを防ぐ呪法のこと。対処法としては,寺社に参詣して神仏に祈願する,祭神名や呪言・文字などを唱える,修験者祈禱師神主僧侶などに祈禱をしてもらう,寺社の呪符守札を家の入口や神棚に貼り付けておく,きゅうをすえるなど動・植物を使った民間療法をする,といったことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むしふうじ【虫封じ】

子供の疳かんの虫をしずめるためにまじないをすること。また、その護符など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫封じ
むしふうじ

子供の疳(かん)を鎮めるためのまじない。昔は、子供がひきつけや疳をおこしたりするのを、「虫がおきる」「疳の虫」などといい、体内に虫気が生じたからと考えられた。御蔵(みくら)島(東京都)では、三夫婦健在の家から食物をもらって食べさせると治るという俗信もあり、アカガエルのつけ焼きや、マゴタロウムシはよく効くと信じられていた。社寺に参って虫封じの祈祷(きとう)をしてもらうのも一療法で、祭神名とか特定の文字を手のひらに書いて祈祷してもらったり、また呪符(じゅふ)をもらって家の入口や神棚に貼(は)り付けておくという場合が多い。また虫切鎌(がま)とよばれる鎌を、虫封じに霊験(れいげん)あらたかな神仏に奉納して願掛けをすることもある。虫切鎌は社前に数多く奉納されてあるので、そのなかから一つ選んで、虫気の子供の頭、腹、背中をなで回すとよく効くといわれた。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

虫封じの関連キーワードマゴタロウムシほおずき市四万六千日まじないカンの虫仲里旧記氷の朔日青野山高野鳩笛封じ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虫封じの関連情報